朴鐘顕の出身や子供が気になる!動機は妻と不仲だった?

Sponsored Links

講談社の編集次長の朴鐘顕(ぱくちょんひん)さんが逮捕されましたね。

朴鐘顕さんの経歴として代表作「進撃の巨人」担当編集者であると報じられたんですが担当編集者ではなく編集長だったというオチも。

それでも講談社という大手の幹部の逮捕は衝撃ですよね。

朴鐘顕さんの出身や子供に嫁さんとの不仲説についても調べてみました。

[ad#co-1]

朴鐘顕のプロフィール

名前:朴鐘顕(ぱくちょんひん)
学歴:京都大学卒業
住所:東京都文京区
職業:講談社編集次長
国籍:韓国

朴鐘顕

大人気「進撃の巨人」を連載した時の編集長として関わっていた朴鐘顕さん。

「進撃の巨人」はたくさんの人に読まれで今での人気ですよね。

2009年に講談社の編集長として「別冊少年マガジン」立ち上げ。創刊と同時に「進撃の巨人」「七つの大罪」など連載をスタートさせたカリスマ編集者として有名なんですよね。

今、大人気の漫画を世に出した方なんです。

講談社の中では鬼才と呼ばれていたそうですよ!

[ad#co-2]

朴鐘顕の出身は?

朴鐘顕さんは大阪府堺市の出身なんです。

在日韓国人三世で現在も韓国籍。

意外にも大阪生まれなんですね。

在日韓国人三世なので祖父母、父母も日本で生まれたってことですね。

韓国籍だけど日本の方が長いので性格も穏やかな方だったのでしょうか。

朴鐘顕の子供について

朴鐘顕さんの子供は4人います。

一般人でお子さんの事だし、父親が逮捕されたので、血眼になって情報を探してみましたがありませんでした。

ただ、奥さんの名前は佳菜子さんといいます。

朴鐘顕 家族

朴鐘顕さんは41歳なので30歳で結婚したとしたら、上の子は11歳でまだ小学生ですね。下に3人もいるので、両親が一気にいなくなるという現実がありますね。

しばらくは身内の誰かの家で生活することになるとは思いますが、実名で公表されているので施設で守られながら生活するか韓国に移住するかになりそうですね。

動機は妻と不仲だった?

朴鐘顕

朴鐘顕さんは仕事には真面目で妥協を許さない方だったそうです。

冷たい感じがする」良く言えば淡々と仕事をきっちりこなすってところでしょうか。

仕事に関しては優秀でしたからどんどん上の役職についています。

仕事命の朴鐘顕さんなので、家庭のことは奥さんに任せっきり。

家庭では頭あがらなかったそうです。

当然、子供の教育のことで喧嘩をすることは度々あったそうです。

とここまではどの家庭でもよくある話ですよね。

朴鐘顕さんは不満がたまりまくって爆発させてしまい、妻を…。

つまり、自分をコントロールできなくなっていた!

なかなか逮捕できなかったのでは朴鐘顕さんの供述が二転三転したから。

まとめ

朴鐘顕さんは仕事では日本のアニメに大きな貢献をしました。

だけど、私生活の過ちで子供から両親がいなくなるという事態を招きました。

子供たちの幸せが守られるように応援したいと思います。

夫婦ケンカのストレスはためないようにですよ!

それではチャオ~。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください