七日の王妃で子役を演じたのは誰?シン・チェギョンの少女期の子役がかわいい!

七日の王妃 子役 パクシウン




七日の王妃は朝鮮王朝・第11第国王中宗の最初の妃・端敬王后をモデルにしたドラマです。

OL
それに、チマ岩の伝説が有名ですよね!

七日の王妃で子役を演じているのはパクシウンで父親は歌手のパクナムジョンなんです。

シン・チェギョンの少女期の子役を見事に演じているので、七日の王妃の作品の魅力が増していますね。

そこで今回は、七日の王妃で子役を演じたのは誰なのかを中心に紹介します。

Sponsored Links

七日の王妃で子役を演じたのは誰?

七日の王妃の子役は、前半の部分をおおむね演じていて、シン・チェギョンの子役を演じたのはパクシウンです。

主婦
パクシウンは悲しい演技が上手ですね!

パクシウンは泣いている描写が特に多く、たまに見せる笑顔を引き立てています。

主婦
また、シンチェギョンとパクシウンの雰囲気がかなり違い、成長と共に綺麗になる様を上手く表現していると思います!

イ・ヨクの子役ペク・スンファンは、そのまま大人になったような印象を感じるほどハマり役で、性格や雰囲気を上手く演じていると思います。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください