チェガンヒの髪型やダイエット方法は?タトゥーの場所や整形疑惑を画像で検証!

チェガンヒ

Sponsored Links








チェガンヒは、ドラマ『ボスを守れ』など、さまざまな作品に出演している女優ですよね。

ドラマで使ったカバンが売れるなど、とくに女性たちから人気があります。

そして、なによりチェガンヒといえばあの年齢を感じさせない童顔フェイス!

主婦
今年満41歳になるチェガンヒですが、あのビジュアルでアラフォーだなんて驚きですよね!
OL
実は、童顔だけではなく髪型やスタイルも女性たちから注目の的なんです!

誰もがうらやむスタイルを維持するにはどんなダイエット方法を実践しているんでしょうね。

それに、チェガンヒは、タトゥーを入れてあり、その場所がどこなのか気になっている方もいるんですよね。

そこで今回は、意外な場所にあるタトゥーや騒がれている整形疑惑から熱愛彼氏まで、チェガンヒの気になるところを紹介します。

Sponsored Links

チェガンヒの髪型はボブスタイルがかわいい!

チェガンヒの髪型といえば、ボブスタイルですよね!

デビュー当時から、髪型はほとんどボブスタイルなんです。

チェガンヒ チェガンヒ

韓国の女優さんはロングヘアが多いので、ボブは珍しいですがよく似合っていますよね。

ボブなどのショートヘアは誰でも似合うわけではないので、羨ましいです。

また、2015年に髪を切ったときは、チェガンヒ自身のツイッターに投稿していましたよ。

チェガンヒ

このとき、「かわいいね!」とのコメントに対して「宣教師っぽいでしょ」と返していました。

表情だけでなく返しまでユニークなところは、チェガンヒの飾らない性格が現れています。

これからもさまざまなボブスタイルに挑戦して欲しいですね!

チェガンヒのダイエット方法やスタイルについて

次は、チェガンヒのダイエット方法やスタイルについてみていきましょう。

チェガンヒって、スタイルがかなり抜群なんです!

チェガンヒ 髪型 チェガンヒ 髪型

腹筋は引き締っているし、くびれもあってかなりセクシーですよね。

こういったチェガンヒのスタイルを見て、ネットでは「チェガンヒは元祖ベーグル女子だ」といわれています。

ベーグル女子とは、ベビーフェイスなのにグラマーな女性のことで、まさにチェガンヒのためにあるような言葉ですよね!

そんなチェガンヒですが、ダイエット方法についてはとくに語っていないんです。

OL
特別なダイエットはしておらず、夜遅くの撮影後にラーメンを食べてそのまま寝ても体型が変わらないんだとか!

もともと太らない体質なのでしょう。

女性としてはうらやましい限りですよね。

主婦
ただ、野菜中心のメニューが多く、水分をたくさん摂るようにしているとはコメントしていましたよ!

食生活や水分量を見直すことが、チェガンヒのスタイルへと近づく第一歩ですね!

チェガンヒのように太りにくい体質の人ならダイエットの必要はありませんが、それは一握りの方だけですよね。

年齢を重ねると、代謝が落ちたり、運動する機会が減ったりして体重を保つのが難しくなるのが普通です。

手軽にいつでも自分のタイミングでゆるーくできるダイエット方法があります。

電子書籍なので、ネット環境があれば、いつでも見ることができるし、本だと荷物になるし、重いから邪魔になりますよね。

その点、電子書籍ならタブレットや携帯でも見れるので、とても便利ですし、続けやすいので、少しずつ体重が落ちて、鏡を見るのが楽しくなりますよ♪

チェガンヒは左の腰と肋骨あたりにタトゥーを入れていた!

チェガンヒには、左の腰と肋骨あたりにタトゥーがあります。

チェガンヒ チェガンヒ

チェガンヒのタトゥーは、「DMCフェスティバル 2016 APAN STAR AWARDS」に参加した際、着ていたこのドレスから見えたことによって話題になりました。

腰タトゥーを入れるというのはよく聞きますが、肋骨あたりというのは珍しいですよね。

チェガンヒのタトゥーがはっきり見えている写真はなく、どのようなタトゥーが入っているのかは分かっていません。

チェガンヒ本人もタトゥーについてはとくに語っていないんです。

いつ入れたのか、そしてどのようなタトゥーなのか、気になるところですね。

チェガンヒの整形疑惑はガセだった!

チェガンヒの整形疑惑についてですが、チェガンヒは整形していないだろうといわれています。

チェガンヒ チェガンヒ

高校3年生のときのチェガンヒとの比較です。

OL
昔から目が大きいですし、かわいいですよね!

写真を見比べる限り、とくに整形を疑うような部分はありません。

ネット上でも、チェガンヒは整形していない自然美人だという声が多く上がっています。

それなのに整形疑惑が上がるというのは、韓国の女優さんにはついてまわるネタなので、仕方ないといったところでしょう。

Sponsored Links

チェガンヒは熱愛の噂があった彼氏は2人!結婚は予定なし!

チェガンヒの彼氏や結婚についてまとめていきます。

チェガンヒには、熱愛をウワサされた彼氏が2人います。

チェガンヒの歴代彼氏
・ウォンビン
・チュウォン

ウォンビン

ウォンビンとは、ドラマ『クァンキ』などで共演したことで、付き合っているのではとウワサされました。

ですが、当時はまだウォンビンが新人で今ほどの人気がなかったため、たいして騒がれずにウワサが収束してしまいました。

また、とくに熱愛を裏付けるようなデート現場を目撃されたということもないので、ただのウワサと思って間違いないでしょう。

チュウォン

チュウォンとはドラマ『7級公務員』で共演し、恋人役を演じました。

チュウォンがチェガンヒについて
「魅力的だ、ほかの共演者と話していると嫉妬してしまう」
とコメントしたことにより、熱愛がウワサされました。

ですが、チェンガンヒはチュウォンに対して好意を持ったことは認めましたが、交際は否定。

それからしばらくしてチュウォンがツイッターで
「僕のせいかな。もうあんなことはしない。時間が経てば平気になる」
といった意味深なことを呟きました。

これにより、本当に付き合っていて破局したのではないかとネット上ではいろいろな憶測が飛び交ったんです。

チェガンヒも好意があったことについては認めているので、もしかしたらネット上の憶測どおりだったのかもしれませんね。

また、チェガンヒはテレビ番組で、共演したことのある有名俳優2人と付き合ったことがあるとも暴露しています。

一体誰なのか気になりますよね。

実際に交際したことのある相手については、4年間交際した一般人がいるとのこと。

主婦
芸能人と付き合うのは嫌だともコメントしていたので、今後付き合うのは一般人の可能性が高い!

そして、結婚についてですが、いい人がいたら早く結婚したいと語っていました。

ですが、一人の時間も好きとのことなので、なかなか難しいところですね。

今後のチェガンヒの彼氏や結婚情報について、今後どうなるのか注目です!

チェガンヒの左の腰と肋骨あたりにタトゥーがあったけど髪型はボブがかわいい!

クォンサンウと共演のドラマ『推理の女王2』が放送され、ますます人気に拍車をかけているチェガンヒです。

イタンビューやSNSでは気取らないコメントが多く、そういったところが女性から支持を得ているのでしょう。

そんなチェガンヒですが、過去にはうつ病を抱えて苦しんでいたこともありました。

辛さを乗り越えて女優として活躍し、そして輝いているところは本当に魅力的です。

チェガンヒまとめ♪
・髪型はボブスタイルが定番。

・スタイルは抜群だが、とくに決まったダイエットはしておらず、野菜中心の食生活とたくさん水分を摂ることを心がけている。

・左の腰と肋骨あたりにタトゥーがあるが、詳細は不明。

・過去の写真と比較しても整形をしている可能性は低く、ネット上でも自然美人だといわれている。

・熱愛がウワサされたのはウォンビンとチュウォン。一般人と4年間交際していた。結婚については前向きに考えている。

クォンサンウと共演のドラマ『推理の女王2』が放送され、ますます人気に拍車をかけているチェガンヒです。

イタンビューやSNSでは気取らないコメントが多く、そういったところが女性から支持を得ているのでしょう。

OL
そんなチェガンヒですが、過去にはうつ病を抱えて苦しんでいたこともありました!

辛さを乗り越えて女優として活躍し、そして輝いているところは本当に魅力的です。

女優としてだけでなく、女性としてのチェガンヒも応援していきたいですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは今回はこのへんで失礼します。

U-NEXTで韓流ドラマを31日間無料視聴する!

※31日以内に解約すればお金はかかりません

イソンギョン 髪型 髪色

イソンギョンの髪型と髪色やメイク方法を真似しよう!整形疑惑や歌が上手いのはダイエットも関係!

2018年12月14日
ソハジュン

ソハジュンの動画事件や現在までの熱愛彼女は?結婚の噂も実現していない理由はコレ!

2018年12月9日
チャンナラ 画像

チャンナラがかわいいのは鼻の整形やダイエットのおかげ?歌も上手で兄とは仲良し!

2018年12月4日

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください