糸魚川市の火災で燃えなかった家のメーカーはどこ?建築材料も調査!




こんにちは!

ネットを見ていたら“糸魚川火事で燃えなかった奇跡の1軒家”というニュースが目に飛び込んできました。

「あの大規模な火事の中、無事だった家なんてあるわけないよ」と思いながら見たら、現場写真にはポツンとレンガ風の屋根のお宅が残っているじゃないですか?

奇跡だっ!

144軒のお宅を燃え尽くすほどの火災なのに燃えなかったのは建築材料に秘密があるのでしょうか?この奇跡の家を作ったのはどこのメーカーでしょうか?

気になって仕方なかったので一気に紹介します。

Sponsored Links

糸魚川市の火災で燃えなかった家のメーカーはどこ?

奇跡のお家といえば、平成27年に9月に起きた栃木県の鬼怒川決壊のときもあっという間に次々と川の水にお家が飲まれていく中、奇跡的に流されずに済んだお家がありましたよね。

そのお家を作ったメーカーのは“ヘーベルハウス

もちろん、そのニュース後、問い合わせが殺到したんですね。

東日本大震災の時には“一条工務店”の家が津波に耐えたと話題になり、こちらも反響が大きかったそうです。

で、今回ももしや奇跡のメーカーは“ヘーベルハウス”か“一条工務店”かなと思ったんですが違ったようです。

じゃ 糸魚川市の火災で燃えなかった奇跡の家はどのメーカーが作っのかというと“ミタキハウス”という糸魚川市になるハウスメーカーです。

詳しくはこちらをクリックすると見れます。
ミタキハウス

古民家再生住宅というのは新しい分野なんでしょうか。

僕は知りませんでした。

会社もまだ新しいですね。

あれだけの火事でもきれいに家が残っている耐火能力はすごいですよね。

※日本では自然災害は避けられませんね。“ミタキハウス”さんのような素晴らしい会社はもっとしってもらいたいので拡散の協力をお願いします。家は一生ものなので。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください