保育園のクレームの言い方は?苦情の対応は匿名で手紙や役所に相談!

保育園 クレーム




保育園に子どもを預けているとわからない事や担任と話しても求めていた回答ではないことがありませんか。

主婦
たとえば、子供が愚図り泣いていても、真横で他のお母さんと世間話をし続け、知らん顔しているので、子供がしがみつき仕事になかなか向かえない事もあって、「配慮してほしい!」と保育士に伝えても嫌な顔されてしまっては、子供を大事に思う保護者としては信頼が置けませんよね!!
OL
新人の保育士だとなんだか頼りないし、子供に愛情を持って接してくれてる感じがしない時があるんですよね!
主婦
担任の保育士って先月まで学生だったし、育児の悩みを相談できそうにもないですよね!
お姉さん
せっかく、トイレトレーニングも進んで、園ではパンツのみの生活だったのに、「教室がバタバタしてるので・・・」と言い訳をされ、オムツを履いている時は残念な気持ちになりますね!

そして、思わず感情的になり、担任の保育士に直してほしいことを強い口調で伝えてしまったあなたは、「クレーマーと思われたら嫌だな!」「モンスターペアレントと思われたら嫌だ!」と思ったけど子どもの為に行動したはずです。

ただ、子供の言う事を100パーセント信じ切るのも危険です。

なので、まずは、子どもの様子で気になることは直接、担任に聞くのもいいですし、連絡帳に気になることを書いてもいいですね。

また、保育園や担任への苦情を匿名で手紙や役所に相談するのもありですね。

その場合は、担任や保育園に発信者が誰なのか特定されないようにしなくてはならないので、注意が必要です。

とにかく、子どもが元気に笑顔で毎日保育園で過ごしてくれたら親としては担任や保育園に感謝しかないでしょう。

とはいえ、「昨日、改善してほしいと伝えたことが改善されていない!」「担任や保育園からいつまでも回答がない」ように担任や保育園の対応が感じが悪かったり、いつも濁されたりしたら、イライラしまうあなたに担任や保育園にクレームを入れる時の言い方のポイントを紹介しますので、是非試してみてください!

■参考■完全無料!まだクレームと戦ってるの?ストレスフリーな保育園を探すならこちら▼

保育園のクレームの言い方は?きちんと対処してもらえる3つのポイント!

保育園 クレーム 画像
預けている子どもの様子を気になるのが親心ですよね。

そして、保育士の子どもへの接し方やクラスの落ち着かない雰囲気について気になることがあれば、担任や園長に相談して解決してほしいものです。

ところが担任の対応もいまいちで、園長もワンマンな感じで保護者の訴えを真摯に向き合わない劣悪なケースもあります。

そんな時はクレームとして担任園長に伝えるべきだと考えます!

だけど、クレームの話は職員会などで全職員で話しているので、色んな保育士さんから、やたら声をかけられるようになったのは、要注意保護者みたいな扱いになっていることもあるでしょう。

ただ、それが反省して申し訳ないからの態度なのか、厄介だと思っての態度なのかわかりにくいところですが、良い方向に向かっているのなら、あなたがした主張は間違っていないので堂々とすべきです。

それでも、できれば、クレーマーモンスターペアレントのような扱いはまっぴら御免ですよね。

そこで担任や園長に親の要望を快く聞いてもらえ、クレームと思われず、貴重な意見や要望と思ってもらえるポイントを3つ紹介します!

クレームと思われない3つのポイント
・信頼を伝える!攻撃的にならないよう注意
・事実に基づく!何よりも冷静さが大切
・要求ではなくお願い!しっかりと先生の話も聞こう

信頼を伝える!攻撃的にならないよう注意

担任の保育士たちには日頃から感謝の気持ちを伝えるといつしか子どものことをなんでも相談できる関係を築くことができます。

つまり、早くに信頼関係が出来ると気になることも遠慮なく伝えることができますし、お互いの性格もわかっているので、伝え方も変わってきますね。

主婦
とにかく感情的になって攻撃的な発言をしないように気持ちをコントロールすることはとても大事です!
OL
まずはしっかり挨拶をして、適度に受け流す大人の対応を心がけることで、余計なイライラはなくなりますよ♪

事実に基づく!何よりも冷静さが大切

保育園のクレームを言いたいのですが、どこに言えばいいですか?あと、モンスターペアレントと言われないか不安です。ご意見お願いします。

3月25日土曜日に用事があり午前のみ保育をお願

いしました。12時前にお迎えに行くと娘のほっぺに冷えピタが貼られてました。
『友達とぶつかったかしたかな?』位に思っていると、園長が来て『ボールもってたら、転んじゃってコンクリートの角にぶつかっちゃったんだよねー。靴の裏がすり減ってて滑っちゃったんだよねー。お母さんここ多分ぴーっと青あざにあるわー』とあっけらかんと言われました。帰って剥がしてみると、赤くなってて、うっすら青くなり始めてました。

このようなケースの場合、園長にあっけらかんと言われたら、「おいおい!もっとしっかり見てくれよ!」「まずは一言謝るところでしょ!」と思いますよね。

そんな時は、起きた事実をしっかり相手に伝えましょう!

本来なら園で起きたことは園長の責任なので、率先して対応するべきですよね。

それに怪我は後から青あざになったり、傷が残ったりするので、担当保育士にはしっかり対応する責任があるので、そのあたりも淡々と伝えるのがベストです。

要求ではなくお願い!しっかりと先生の話も聞こう

保育園へのクレーム出そうか悩んでいます。

お迎えにいくと、身だしなみがすごいんです。
朝、髪の毛を結んで送ったら帰りまでそのまま…
結ばれてるというより、ゴムがぶら下がっている状態です。
下着はいつも外に出しっぱなし…
これくらいは、しょうがないだろうと思って黙っていました。

ですが今日、お迎えに行ったら抱っこした瞬間あきらかにおしっこくさいのです。
ズボンからでした。
乾いていました。時間が経っていたと思います。
変えてもらいたいと言っても、いいのでしょうか…。
これくらい気づいてもらえないのでしょうか?

自分の子どもに目を向けていないことがわかった時は悲しい気持ちになりますよね。

主婦
そんな時は我慢せず、はっきり担任に伝えましょう!

そして、担任の状況説明に耳を傾けてみると、誤解していたこともあるものです。

OL
いきなり強い口調で伝えるのではなく、冷静に淡々と伝えるが一番良い伝え方ですよ!

>>#ほいぷらは完全無料でサポート付き<<
Sponsored Links

今この記事が読まれています



2 件のコメント

  • 匿名で苦情を言うのは、如何なものかと思います。
    社会人として、自分の言った事には責任を持つべきです。角が立たず、且つ、こちらの思いが伝わるような言い回しを保護者も身につけるべきです。親の姿を見て子どもは育ちます。保育士に様々な要求をする前に、親としての品格を磨いて欲しいものです。
    長靴を忘れた子どもに「おバカちゃん」という保育士の発言は問題だと思いますが、長靴を忘れておいて、自分のした事を棚に上げて保育士を責める保護者も、問題だと思います。
    保護者の中には、保育士はサービス業だと勘違いしてる人が多々いますが、総務省が告示している日本標準産業分類によると、福祉・教育・サービス業は、区別されています。よって保育園はサービス業ではないと、公に認められています。保育士は、売り上げを意識して保育をしているのではありません。保護者の大切な宝物、子どもの命を預かっているのです。
    その事を踏まえた上で不満があるなら、まずは相談という形で、自分の思いを話し、園の考え方を聞いてみてはどうかと思います。上手く伝える事が出来れば、保育士は子育ての良きパートナーとなり、より良い関係が築けるようになると思います。

    • みかんさん

      芸能魂QLAP!の管理人です。

      コメントありがとうございます。

      拝見しました。

      総じて、みかんさんの意見には同感です。

      今だに、保育士を軽視している人はいますので。

      ですが、保育士を軽視している人が保育士のしごとがいかに大切であることに自身子供を通じて気づいて気持ちが変わった人も少なくありません。

      保護者は仕事している間、子どもの専門家保育士が近くにいて預けることができるので安心して仕事に専念できるんですよね。

      保育士はある程度、奉仕の精神がないと続かない仕事です。

      ただ、残念ながら保育士の中には全国保育士会倫理綱領に沿わない保育をしている人もいます。

      園長を中心に現場で改善できればいいのですが、そううまくいかない保育所もあります。

      その場合、勇気を出して保護者が声を出すことも必要ですよね。できれば、そういう自体にならないことが良いですが。。。

      保護者だって苦情として言おうか言わないかを悩んだあげく、勇気を出して匿名で自身の市区町村に伝える人もいます。

      その結果、苦情内容を精査した上、区役所が介入し、適正な対応され、改善したケースも少なくありません。

      おそらく、みかんさんの知っている保育所はそういうケースがない子どもとしっかり向き合っている保育士がいる保育所なんでしょうね。

      すばらしいです。そういう保育所が増えてくれるといいですね。

      今回のみかんさんのコメントは当方の記事を最後まで見ていただたからこそ感じたことを教えていただいたので、今後もしっかり運営したいと思います。

      今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください