保育士の1年目で担任?給料やボーナスが上がらなくて毎日辛い時の転職のタイミング!

保育士 画像
Sponsored Links

こんにちは!

夢だった保育士になる為に大学や専門学校でがむしゃらに勉強して、2年から4年もかけて保育士免許をやっと手に入れた1年目の保育士!

それに、公立保育園や私立保育園では、いよいよ「かわいい子どもと保育士として働ける!」と胸をときめかせていた矢先に保育士1年目で担任になるのは人材不足もあって、当たり前になっていますね。

主婦
保育士の1年目で担任になると、子供のお試し行動から少しずつ信頼関係が築いていくのよね
OL
1年目の保育士は勉強したいことだらけだし、お預かりした子供さんを一日無事親御さんへ帰宅させることなので責任も大きいけどやりがいはありそうね
主婦
保育士って責任が大きいわりには給料が少ないし、ボーナスも雀の涙程度しかもらえないって本当かしら

よほど実力がある新任保育士でないと1年目で主担任はキツイし、まずは先輩保育士から保育園のルールや保育の流れを学んでいくのが一般的ですよね。

ですが、「前も言ったでしょ!」「まずは自分で考えてみて!」って言われたら、わからないことがあっても聞きづらくなりますよね。

それに他の先輩保育士もクラスのことや研修など、忙しそうにしていてなかなか聞くことが出来ないことが日常茶飯事です。

さらに休憩時間も45分のはずが15分ぐらいしか取れないことも多くて、じっくり質問する時間も取れないんですよね。

しかも、給料やボーナスが一般企業よりも少ない中で精神的にもきつい担任を続けていくのかどうかを悩みますね。

それでも、かわいい子供とふれあいながら自身も成長していける保育士の仕事を簡単には諦めきれない気持ちもわかります。

そんな葛藤する気持ちのまま仕事に行くのがものすごく憂鬱になる自分に嫌気がさして、「転職」を考え始めていませんか?

そこで、保育士一年目でクラス担任になって、毎日の保育が辛い時の解決方法や給料やボーナスが上がらない時に対処法について一気に紹介します。

Sponsored Links

保育士の1年目で担任?忙しさはかなりハードで反省ばかり!?

保育士 画像

保育士の1年目の忙しさはなかなかハードで覚えることがたくさんで毎日がバタバタと過ぎていきます。

これはどの保育所(保育園)や地域型保育所など含めて、保育関連の仕事全てに共通していることですね。

そして、学校で学んだ保育の実践力や知識を現場で発揮してキャリアを積んでいくのが理想ですが、現実はそう上手くはいかないのが現状です!

しかしながら、子どもへの対応や言葉掛けなど、先輩のやり方を見て自分なりに実践し、その都度指導を受けるというスタイルが多くの保育所で見られる光景ですね。

主婦
子供を預けている保育園でも新人の保育士さんの緊張した顔が忘れないわ。
主婦
ぎこちない対応でも一生懸命に子供や保護者の対応している姿に好感をもったわ。

そして、先輩から「こうした方がいい」「あれでよかったと思う?」など聞かれながら、教えてもらうことが1年目の保育士でよくあります。

それでも、指導する先輩保育士も自身の経験から「まずは自分で考えなさい」と突き放された感じになる状況に少しずつ精神が追い詰められていくわけです。

とはいえ、株式会社が運営している保育所だと人手不足から1年目の保育士でも担任を持たされることが当たり前になっているんですよね。

たしかに、大切なお子さんを預かる仕事なので、1年目でも実力のある保育士でないと主担任が任せられないところもあるので、担任を任されたことにやりがいを感じて欲しいところです。

それでも、実際は事務作業が次々と降りかかり、毎日2時間の残業は当たり前の環境に疲弊している新任保育士もいます。

子どもの成長に関われる保育士という仕事にやりがいを感じつつも業務量が半端なく多いことに気持ちが折れ始める新人保育士も多いのが現状ですね。

なので、今の自分の状況を相談出来そうな人はいませんか?

一番に子供の気持ちに立って考え行動できる素敵な保育士になるためにできることは、目の前の仕事に集中し、効率よくこなすにはどうすればいいのかを考えることが大切です。

そして、あなたが何年も頑張った結果、取得した保育士の資格には、ご両親、友達、今まで応援してくれた方が何人もいるはずです。

自分自身が後悔しないようにしてくださいね。

保育園のクレームの言い方は?苦情の対応は匿名で手紙や役所に相談!

保育士の給料やボーナスが上がらない!手取りや年収についても!

保育士 画像
「保育士の給料は少ないし、仕事内容はきついけど、子どもは大好きだからやりがいは感じるけど・・・」って思っている現役の保育士はたくさんいます。

1年目の保育士は、学校で保育士不足の現状を知りつつ、給料もそれほど多くはもらえないことは十分承知の上で、子どものために頑張りたいと思って保育所に飛び込みます。

いざ、保育所に入ってみたら、想像していた以上に仕事量が多くて、残業の毎日にだんだん心も折れそうになってくるのがよくある光景ですよね。

保育士 求人 画像

引用元:厚生労働省

まず、保育士の求人をみると、全国での有効求人倍率が約2倍になっています。

これは1人あたり2件の求人があるということなので、統計上は保育士になれば仕事には困らないということがわかりますね。

そして、条件が良くて自身の理想の保育に近い保育所で働ける可能性が高いことがグラフから読み取れます。

保育士 給料 画像

引用元:厚生労働省

保育士の資格があれば仕事には困らないということがわかりました。

でも、肝心な給料を見てみると、平均8年働いても216.1千円と圧倒的に低いと感じますよね。

それに、大卒の人の平均年収は、一般企業では200万円~230万円前後なので、それと比べても20万円ほど低いんですよね。

しかし、実際のところは、保育士の給料はかなり改善されていて、一般企業の新人並の給料を手に入れることができるようになりました。

もし、この年収よりも低い場合には、今働いている保育園から他の保育園に変えるという手段もあります。

特に独身であれば、家賃補助が最大8万2000円も出るので、その分のお金を自身の投資としてパソコンを購入したり、勉強会に参加したりと経済的な余裕が出来て保育にも集中できます。

こういう運営をしている保育所が年々増えているので、経済面で不安を感じる保育士は以前に比べると少なくなってきていますね。

保育士 給料 画像

引用元:厚生労働省

男性の時給が高いのは単純に勤務年数が長く勤める保育士が多いからでしょう。

ですが、保育士10年目で結婚した場合、一家の大黒柱になった責任感からそれほど年収が上がっていない保育士の仕事を続けていいのだろうかと考え始めるケースも珍しくありません。

保育士の給料やボーナスについて処遇が改善されていたことは嬉しいことですが、年収で考えると中々上がっていかないのが現状です。

男性の時給が高いのは単純に勤務年数が長く勤める保育士が多いからでしょう。

保育士の給料やボーナスについて処遇が改善されていたことは嬉しいことですが、年収で考えると中々上がっていかないのが現状です。

Sponsored Links

保育士一年目は何歳クラスを受け持つ?0~1歳の複数担任クラスに配属が当たり前!

保育士になって1年目をどう過ごすかで今後の保育士としての働き方に影響が出ます。

そして、園の方針によると思いますが、1年目の場合、担任ではなく副担任もしくは補助として入り、複数担任クラスに配属されることがほとんどです。

それに初めの3ヶ月は先輩保育士の日誌や週案を手本に書いて、添削してもらいながら慣れていきます。

また、連絡帳は保護者とのやりとりになり、デリケートかつ神経を使うものなので、半年から1年間は保護者と担任のノートのやりとりを見せてもらいながら、どう対応していくのかを学んでいくようになります。

ところが、複数担任のクラスでも悩む保育士がいます!

保育士1年目です。複数担任制ですが、他の保育士達の言動にビクビクしています。昨日は「あなたは子どもに舐められている」と言われ、「そんなことない」と思いながらも反論出来ず、落ち込んでしまいました。全国の保育士の皆さん、複数担任制ゆえに悩んでる人いますか?どんな気持ちで毎日を乗り切っていますか?

このように先輩保育士といえど、10年以上のベテラン保育士が主担当だと保育園での存在感が半端ないので独裁状態になっているケースもあります。

そんな時はプライベートでストレスを発散しましょう。笑

ということで4歳、5歳の担任に1年目の保育士がなるのは非常に稀なんですよ!

1年目保育士の仕事内容とは?まずは子どもの名前を覚える!

保育士の1年目の仕事内容は、まずは子どもの名前を覚えることから始まります!

それに入社していきなり先輩保育士のようにはいきません。

保育士として長く働いている方でさえ、「私は保育に自信がある!任せといて!」なんて言える保育士はそうそういないのが普通です。

なので、子どもと遊んで、子どもの興味や得意な事や不得意な事を知って、発達段階も知った上で、信頼関係が築けるのではないでしょうか。

焦ることはなく、「子どもが喜ぶ事をする」を大事にして日々の保育をしてみましょう。

Sponsored Links

保育士1年目の3つの心構え!自ら学び、体験し、実践してみよう!

保育士1年目はとにかくうまくいかないことばかりで反省する日々ですよね。

そんな1年目の保育士に3つの心構えを紹介します。

・自分の立ち位置を知ろう!
・先輩保育士を観察して、真似てみよう!
・行事の流れを理解する!2年目に向けての準備♪

自分の立ち位置を知ろう!

新年度を迎え、保育士1年目として「よし、頑張っていこう!」と思っている方は多いでしょう。

そして、保育園に入った1年目の子どもや保護者も少なくありません。

それに緊張しているのは保育士だけではないことを覚えておくことは大事です。

ベテラン保育士も1年目の保育士も同じ先生という立場には変わりありませんが、とにかく一生懸命にやっていれば子どもや保護者に伝わるものです。

なので、失敗を恐れず、仕事として笑顔で子どもや保護者と向き合いましょう!

保育士の一人暮らしの貯金額は?住宅手当や家賃補助はいつまで?

先輩保育士を観察して、真似てみよう!

保育士1年目はとにかく保育園に慣れることが仕事になります。

だけど、自分でうまくやれることはあまりないかもしれません。

そんな時は、先輩保育士をよく観察して、真似ることをオススメします。

先輩保育の経験から裏付けされた子どもへの関わり方や保護者対応は積極的に取り入れるべきです。

そうすれば、失敗することも少なくすることができますよね。

行事の流れを理解する!2年目に向けての準備♪

保育園は毎月の誕生日会から卒園式まで行事が続きます。

保育士1年目は行事に対しての流れや役割を知ることが求められます。

しかし、2年目になると行事の担当を任せることを当たり前に行っている保育園はたくさんあります。

もちろん、先輩保育士のフォローは付きますが、担当になれば、その行事の切り盛りは自分で進めることになります。

なので、保育士1年目は行事の流れを理解することをしっかり行いましょう。

Sponsored Links

保育士の1年目で担任になった時の悩みを解決する3つの手段!

保育士の1年目はとにかく慣れないことばかりで学生で学んだことが通じないことで落ち込んだり、悩んだりすることは当たり前のことです。

そんな時に前へ進めるように3つの解決方法を紹介します。

・とにかく経験を積む!
・先輩保育士や同期に悩みを相談する!
・職場環境の良い別の保育園を探す!

早速、試してみてはいかがでしょうか。

とにかく経験を積む!

ベテラン保育士と比べると、ケンカやトラブルが引っ切り無しでクラスの子どもたちになめられっぱなしで保育士に向いていないのかなって感じることってありますよね。

そして、日々の保育を「なぜ子どもたちには私の声がけが届かないんだろう!」「どうしたら、ベテラン保育士のようになれるんだろう!」と反省することばかりで気持ちが上がらないことは保育士1年目や2年目は当たり前です。

それは、経験値の差によるものなので、今はいろいろな経験を積む時期だと割り切って日々の保育を実践してみてください。

もし、憧れの眼差しで見られている園長先生や先輩保育士がいたなら、一人前と言われるまで、あなたと同じように悩み苦しんだはずです!

さらに、保育に関する参考書を読んだり、保育雑誌を見たりして知識を増やすことはとても大事ですね!

たとえば、1歳児で、○○ちゃんが○○君に噛まれたなんてことが乳児としては当たり前。噛まれた子の親にはちゃんと「噛まれてしまいました」って、相手の名前を伏せて報告しますが、噛んだ方の親には絶対に言ったらダメなんてことありますよね。

1人の女の子が毎日10分に1回の頻度でお友達を噛んでたら、そのすべてを保護者に説明しなくてはならないのです。

自分の担当の子供なら1年目でもしっかり保護者に伝えることが仕事です。

気持ちが沈むところですが、伝え方も誠実に嘘はつかずに伝えられたら、トラブルにはならず、「この保育士さんはしっかり子供をみてくれているだな」って信頼を得ることができるでしょう。

先輩保育士や同期に悩みを相談する!

保育士1年目はわからないこと、できないことだらけなので日々、反省ばかりで落ち込むことが多いでしょう。

そんな時は先輩保育士や同期の保育士に相談したり、愚痴を言ったりするのは効果的です。

OL
わたしも仕事で失敗した時、一緒に食事に付き合ってくれる同僚や先輩がいたのは精神的に大きかったな

意外に簡単に悩みが解決できて、「なんだ、そんなことだったのか」と拍子抜けすることはよくあることです。

話しやすい人に自分の保育での悩みを打ち明けてみましょう!

職場環境の良い別の保育園を探す!

先輩保育士から「教えても全然できないから教えても意味ない」と言わんばかりにミスをしても何も言われなくなり、先輩保育士からの指導がまったくなくなったら、職場環境の良い別の保育園を探すことをおすすめします。

それに、頑張ってひとつでもできることを増やすようにして成長していくことも大事ですが、それは個人差があるので全部の新人保育士に当てはまることではありません。

それよりも子どもが大好きで保育士になったのに、職場環境が合わなくて苦しい思いまでして精神が壊れたあげく、保育士が続けられなくなったら悲しいことですよね。

それから職場環境を変えることで生き生きと保育に邁進することが出来ている保育士はたくさんいます。

なので、自分の中で努力して、それでも職場環境に馴染めなかったら、他の保育園に変えることも考えてもいいと思います。

もちろん、安易に職場環境を変えることは必ずしもプラスになるとは限らないので、そのへんはいろいろな人の意見も聞きつつ、真剣に自分の人生と向き合う必要があります。

保育士の転職のタイミングは?辞めたいと悩み始めた時にどうする?

保育士 画像

「もう無理!保育士をやめたい!」というギリギリの気持ちで保育士を続けていると年度途中でも辞めてしまう方もいます。

そうすると、他の保育士にも迷惑もかかるので、できるだけ避けたいところですよね。

それでも、自分自身を大事にした方がいいと私は思っていいるので、無理に続けることはおすすめしますせん。

それなら、より良い環境や給料・ボーナスがいいところがあれば保育士として転職したいところです。

そこで、よい求人を手に入れるためにあらかじめ求人サイトに登録して情報を日常で見てるのもいいですね。

例えば、FINE!保育士であればお住まいの地域でピッタリの求人が見つかりますよ。

一度、本人確認が終了すれば、しつこい連絡もなく、自身の希望の条件を伝えるだけで合う求人を納得がいくまで紹介してくれます!

【参考】保育士の人間関係の原因を一気に取り除く!保育士求人の公式サイトはこちら♪


実際にFINE!保育士の登録をしてみた!

それでは、ご紹介したFINE!保育士の登録を実際にやってみます!

保育 求人 画像

あなた持っている資格にチェックしましょう!(今回は保育士にチェック!)

保育 求人 画像

雇用形態を選びましょう!

保育 求人 画像

あなたの氏名、生年月日、性別を入力します!

保育 求人 画像

あなたのお住まいの情報を入力します。

保育 求人 画像

最後に電話番号、メールアドレスを入力して登録完了♪

このように保育士の転職サイト「FINE!保育士」は登録が小学生でもできるぐらい簡単なのでこの機会に新鮮な求人情報を手に入れてみてはいかがでしょうか?

【公式】保育士として無くした自信を取り戻す保育士求人の公式サイトはこちら♪



そして、登録した直後から条件の良い高収入が望める案件が手持ちの携帯電話でみることができますよ♪

例えばこんな求人♪

保育 求人 画像 保育 求人 画像

このように続々と求人がアップされているのであなたの条件にぴったりの転職先が見つかります!

保育士1年目で担任は責任もあるけど、やりがいもある!給料やボーナスもしっかり支給されるようになってきた!

保育士になった1年目だと慣れない環境で初めは苦労するもの。

最近は「保護者対応がうまくできないから保育士に向いていない!」とか「子供が懐いてくれないので保育士を続ける自信がない!」とか言ってすぐに辞めてしまう新人保育士が多い!

そこで今回のまとめです。

まとめ
・自分の立ち位置を知ろう!
・先輩保育士を観察して、真似てみよう!
・行事の流れを理解する!2年目に向けての準備♪
・どうしても今の環境で続けるの困難なら別の保育園を探そう!

保育士1年目なんて出来ないことだらけで当たり前だし、即戦力とは保育園側も思っていないですよ。

新人がもがきながら、成長していく姿が微笑ましいく感じるものです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは今回はこのへんで失礼します。

【参考】今よりも自分らしく働ける場所を見けられる保育士求人の公式サイトはこちら♪


今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください