斉木楠雄のψ難の最終回の理由は?感想やゲームアプリの配信日が気になる

Sponsored Links

みなさん、こんにちは!

皆さんは週刊少年ジャンプで連載中の斉木楠雄のψ難という漫画を知っていますか?

斉木楠雄のψ難はギャグアニメなんですが、今となってはジャンプの中では数少ない人気漫画です。

ところで週刊少年ジャンプといえば、昔は男子のマストアイテムでしたが、最近では女性でもジャンプを愛読している方も多いんですよね。

斉木楠雄のψ難は男女に人気の漫画なんですが、なんと最終回を迎えることに・・・

ですが、完全に斉木楠雄のψ難の作品が終わるのではなく、四コマ漫画として続くのでひと安心♪

それでも、漫画の斉木楠雄のψ難もアニメと並んで面白かったです。

そこで今回は斉木楠雄のψ難の最終回の理由は?感想やゲームアプリの配信日が気になるという内容でお送ります。

斉木楠雄のψ難の最終回の理由は?

2月26日発売の週刊少年ジャンプにて斉木楠雄のψ難が最終回を迎えました。
前々から作者から最終回を匂わすようなツイートがありました。

それがこれです。

このように最終回を匂わせるツイートがありました。

斉木楠雄のψ難が最終回になった理由は以下の事が考察されます。

・打ち切り
・ネタ切れ
・作者の意向

一番可能性が高いのが【作者の意向】ではないでしょうか。

斉木楠雄のψ難は打ち切りになるほど人気が低迷していたようには感じられませんし、ネタ切れに関しては漫画家であれば誰しもが抱える問題です。

よって一番可能性が高いのが【作者の意向】だと個人的には思っています。

斉木楠雄のψ難が人気がある内に最終回を迎えさせて、読者の心に残しかったんでしょうね。

それにしても斉木楠雄のψ難が最終回とは本当に寂しい・・・・

Sponsored Links

斉木楠雄のψ難の最終回の感想は?

そんな最終回を迎えてしまった斉木楠雄のψ難ですが、僕は早速、最終回を読みました。

ネタバレになってしまいますが、感動的な最終回であったと思います。

主人公の斉木が言葉を発したり、斉木の周りの友人達の優しさが垣間見えたりした最終回だったと思います。

個人的には燃堂の言葉が心に残っています。

彼はいわゆるアホキャラですが、本当に友達思いな面がある事がわかる最終回でした。

ぜひ読んでない方は読んでみましょう♪

斉木楠雄のψ難のゲームアプリの配信日が気になる

斉木楠雄のψ難ですが、ゲームアプリの配信が決定しています。

ゲーム内容はキックバトルとの事らしいですが、実はまだ配信がされていません。

作品内容からして自然災害とかと戦っていくようなゲーム構成が予想されます。

ちなみに事前登録は2月7日に始まっていますので、事前登録をしておくとゲーム配信日にスムーズにゲームができると思われますね。

肝心の斉木楠雄のψ難のゲーム配信日は4月16日の15:00から配信されるとの事です。

どういったゲーム内容なのかが非常に気になるので、ファンはダウンロードして遊んでみましょう♪

斉木楠雄のψ難の続編の可能性は?

斉木楠雄のψ難ですが、続編が決まっています。

続編と言っても今までのような感じでは無くて4コマ漫画として掲載されていくとの事です。

4コマ漫画になるとの事でよりスピーディーな展開が予想されますし、ファンの方もとりあえずは毎週作品に触れあえますね(^^)

これで斉木楠雄のψ難の漫画はあまり人気が無いという事がはっきりしました。

そもそも打ち切りは大体の場合人気が無いという事が多いので、4コマでも継続していくという事は作品自体は人気があるけれどもジャンプの編集部の意向などが絡んでいる可能性が大きいですね。

とはいえ、とりあえずはファンは安心したのではないでしょうか。

斉木楠雄のψ難とは?

ところで斉木楠雄のψ難はどういった漫画かをよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

斉木楠雄のψ難は映画化されているので、映画は見たことがあるけども原作自体はあまり理解していないという方も多いかもしれません。

という事で簡単に斉木楠雄のψ難をご紹介したいと思います。

主人公の斉木楠雄が超能力者でそれを隠しながら学校生活を送っていて、学園生活を送っているという漫画です。

ちなみに彼の超能力を知っているのは両親と兄と鳥束などのごく一部の人物です。

気になる方はコミック単行本が出ているので是非!

斉木楠雄のψ難は最終回になったのは作者の意向である可能性が高い!読者の感想は寂しい意見が多いけど4コマ漫画で継続決定☆

ということで、斉木楠雄のψ難は漫画は最終回を迎えますが、4コマ漫画として続きます。

ジャンプの人気漫画だけに斉木楠雄のψ難が姿を消すのは避けたいところですよね。

これからも面白い漫画を楽しみにしている読者に見せて欲しいですね。

それでは今回はこのへんで失礼します。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です