山田真哉の経歴や結婚して子供は?年収やFXの損失額がヤバイ!

Sponsored Links

みなさん、こんにちは!

『じっくり聞いタロウ』に公認会計士の山田真哉さんが出演します。

山田真哉さんは稼いだお金を全てFXに注ぎ込んで溶かしたという強烈な過去を持ち方です。

山田真哉さんは公認会計士という経験から書籍も出していて、年収もかなりの高額でした。

それなのにFXで失敗し、財産を失うという天国と地獄を味わっている・・・

結婚して子供がいたら、大変のことですよね。

そこで今回は、山田真哉の経歴や結婚して子供は?年収やFXの損失額がヤバイ!という内容でお送りします。

山田真哉の経歴は?

名前:山田真哉(やまだ しんや)
生年月日:1976年6月16日
出身地:兵庫県神戸市
出身校:大阪大学
職業:公認会計士/税理士/作家

職業は公認会計士ですが、2005年に発売された「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」が161万部を超える大ヒットとなりました。

この本は簿記や会計に関する事柄を身近なさおだけ屋から読み説く著書となっていて、難しい印象のある会計学や簿記を身近にしてくれる著書となっています。

それ以降はTVに多数出演していたり、最近ではニコニコ生放送にも出演し、確定申告について解説などをおこなっているんです。

TVでは芸能界専門の税理士としても活躍されています。

山田真哉は結婚して子供はいるの?

そんな山田真哉さんですが、42歳という年齢もあり家族や子供がいるのかが気になります。

実は2010年に第一子が生まれていました。

やはり結婚していたんですね~

その際には育児休暇を取得されています。

それでも、一定の収入を保つために週2日働くという変則的な育児休暇をとっていたんです

男性が育児休暇を取るのは珍しいですが、山田真哉のような方が育児休暇を取得すればこれからも育児休暇を考えているパパも取りやすくなりますね。

ちなみに結婚されているので、山田真哉さんの嫁さんや子供の画像を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした・・・

山田真哉さんは有名人ですし、ご家族についていは安全の理由上オープンにしていないのかもしれませんね。

Sponsored Links

山田真哉の年収は?

気になる山田真哉さんの年収ですが、本が大ヒットしていたり、TVにたくさん出演されていたりとかなり高額な年収が予想できますね^^;

今回年収について調べてみましたが、年収については推測ですが1000万程度との情報がありました。

本がヒットすれば印税が入ってきますし、それくらいあっても不思議ではありませんね。

ちなみに本が大ヒットして一億円以上の印税が入ってきたそうです。

非常に夢がある世界(^o^)

さらに本がヒットすればTV出演も増えますし、年収1000万円というのも不思議ではありません。

現在でもそのくらいの年収はあるものと思われます。

山田真哉のFXの損失額がかなりヤバイ!

そんな山田真哉さんですが、過去にFXで大損をしたそうです。

FXとは外国の通貨を交換したり交換することで利益を目的とした商品のこと。

その手軽さから人気がある商品ですが、その手軽さゆえにたくさん損失を負う事も多いリスキーな商品なんです!

実は山田真哉さんは過去にFXでたくさん損失を負ったありました。

何とその額は1200万円!!!!

かなり高額な損失を負ってしまいます。

しかも、結婚して家族もいたので、家庭の立場はかなり弱かったでしょうね^^;

それでも、山田真哉さん曰く株の投資も行っており、その時に株のチャートをあまり見ておらずこのような結果になってしまったとも発言しております。

会計士と言えば数字に強いイメージがありますが、意外と投資については別問題だったのですね。

株やFXは市場が読みにくいという事もあるので仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

ちなみに、株も含めればFXと合計で6200万円も溶かしているそうです。

それでもこうして生活出来ているという事はそれなりに貯金額があるとも言えます。

まぁ 作家としての収入の続いているので、今も月収もそれなりあるでしょう。

それにしても今では仮想通貨も暴落しているので、株も含めて慎重に購入しないと年収もかなり変わってくるどころか自己破産になることあるので、個人的には怖いなーって思います^^;

山田真哉さんは公認会計士のスキルで記した本で収入も高く、結婚した家族と幸せだった!けど、FXで数千万円が消えていた

というわけで、テレビやラジオで活躍中の山田真哉さんもFXで大損した過去があるという衝撃的な内容でしたね。

今では、結婚した家族と幸せに暮らしているそうなので、良かったです!

ジェットコースターのように落差の激しい人生を歩んできた山田真哉さん。

これからも公認会計士としての活躍を応援したいです♪

それでは今回はこのへんで失礼します。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください