酒井響希は病気で全盲のドラマーに!小学校やドラム動画も

Sponsored Links

みなさん、こんにちは。

任天堂に送った手紙から一気に有名になった酒井響希くん。
彼は、全盲という障害を乗り越えてプロのドラマーを目指しています。

そんな酒井響希くんについてプロフィールやなぜ全盲になったのか、ドラマーの腕前について紹介していきたいと思います。
[ad#co-1]

酒井響希くんのプロフィール紹介

名前 酒井響希(さかい ひびき)

将来の夢は、プロのドラマーになることが夢です。

5人家族で、姉と妹がいます。3人兄弟の真ん中なんですね。

仲の良い家族の雰囲気が動画から伝わりますね(^o^)
父親も母親も酒井響希くんにたくさんの愛情を注いでいるのがわかります!

酒井響希くんの小学校はどこ?

酒井響希くんは、現在、大阪府東大阪市に住んでいます。
なので小学校は、その周辺だと思いますが詳しい情報はありませんでした。

大阪府東大阪市の小学校が多すぎて特定できませんでした^^;

それに、一般人なので、個人情報保護の観点で、公表されていないのでしょうね。

[ad#co-2]

酒井響希くんの病気とは?

1歳半ごろに目の検査をしに行ったときに両眼性網膜芽細胞胞腫と診断されました。

がんの進行が早く他に転移する可能性があることから医師から命を取るか両目を取るか選択してくださいと苦渋の選択を医師からつげられました。
両親にとってかなりつらい選択で悩みに悩んだと思います。

ですが両親は命を選択し、両目を摘出するんですね。そのため2歳で全盲になりました。

酒井響希のドラマーとしての腕前は?【動画】

ドラマーになったきっかけは、酒井響希くんが家の壁や床などを叩いていて、その音を楽しんで遊んでいたことがきっかけです。

そのためドラムが置いてある近所の友人の家に行きドラムを叩かせてみたところ響希くんがドラムに興味をもつようになったんです。

酒井響希くんのドラマーの腕前は、SNSでも有名になっています。つんくさんも認めるほどの腕前です。

一体どれほど、すごいか自分の目で確かめてください。

動画はユーチューブにアップされていたのでその動画を載せます。

動画を見てわかったと思いますが、本当に全盲なの?と、思うほどのかなりの腕前です。

そして酒井響希くんは任天堂に手紙を送っています。

響希くんもまだまだ、小学生、周りの友達がゲームをやって楽しんでいたら自分もゲームをやりたい年頃ですよね。

ですが全盲でもできるゲームって中々無いんですよ。

全盲の響希くんにできた唯一のゲームが「リズム天国」です。このゲームに関しては誰にも負けたことがないほどの腕前なんです。

そこで響希くんは、任天堂に手紙を出すことを決断します。
手紙の内容は、一部省力させていただきます。

「みんなと同じように僕もゲームがやりたいと思っていました。でも、できるゲームはほとんどないです。その中で唯一できたゲームがリズム天国です。そのゲームだけはみんなと楽しく遊べます。ですが、僕と同じようにゲームがしたい視覚障害の子がきっといるとおもいます。だから体にハンデがあってもみんなと同じように楽しめるゲームを開発して欲しい」との手紙でした。

小学生でここまで他の障害をもった人のことを考えれるなんてすごいですよね。

それほど、みんなと同じようにできて楽しめたことがなにより響希くんにとって、とてもうれしいことだったんでしょうね。

まとめ

全盲の酒井響希くんについて紹介させていただきました。
全盲というハンデがありながらプロのドラマーになるという大きな夢を持ち小学生かなりの腕前なのでプロのドラマーになる夢を叶えられそうですよね。

これから響希くんがプロのドラマーになる夢を叶えれることを楽しみ応援にしています。

それでは今回はこのへんで失礼します。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください