日吉克実の現在と進路は?プロフィールや陸上の戦績も【画像】

Sponsored Links

みなさん、こんにちは。

2017年に日本人最速の9秒台を出した陸上の桐生祥秀選手!
いまでは、陸上といえば桐生と言われるほど、有名になりましたよね。

そんな桐生選手が中学時代、「もう(勝つのは)無理だな」と鮮明に記憶に残る人物がいます。
その人物が、日吉克実さん!!!!

将来を期待されていた天才ランナー日吉克実さんが、表舞台に出で来なかった理由はなんだったんでしょうね。

そこで今回は、日吉克実の現在と進路は?プロフィールや陸上の戦績も【画像】という内容でお送りします。
[ad#co-1]

日吉克実のプロフィール紹介!

名前:日吉 克実(ひよし かつみ)
生年月日:1995年5月8日
出身地:静岡県
身長:177cm
体重:72kg
競技:100m, 200m(短距離走)
所属:中央大学陸上競技部
大学:中央大学
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%90%89%E5%85%8B%E5%AE%9F

日吉克実さんは、小学校5年生の時に、中伊豆ACに入り、小学校6年生で、全国小学生陸上4×100mRに出場し、7位入賞に貢献しました。
それからグングンとタイムを更新していきます。

日吉克実さんは、中学時代は圧倒的に強さで絶対王者でした。
その証拠に、100m走と200m走で中学全国記録を出して、200m走の21秒18の記録は今でも破られていません。

これってすごいですよね~ だって桐生くんでも破ることが出来ていないんですから。。。
でも、日吉克実さんは、伸び悩んでしまいます・・・

静岡県立韮山高校時代から中央大学時代まで、日吉克実さんの記録は良くならず、完全なスランプになってしまいます。
中学時代に負けていなかった選手にも負けるようになり・・・

ガクッと気持ちも落ち込んだし、時には「あいつはもう無理だ。日吉は終わった」などと周りから言われ、陸上をやめようと思ったこともあったそうです。
それでも、「もう一度日本一になりたい。日本一の絶景をもう一度味わいたい」という思いで、努力を続けてきた日吉克実さん。

そういう頑張る姿ってかこいいですよね~


裏方も嫌な顔せずにやるのも、素晴らしいです!
[ad#co-2]

日吉克実の現在と陸上の戦績は?

高校以降は、記録がちょっといまいちな期間が長った日吉克実さん!
今だに中学男子200mの記録が破られていないのは、本当にすげぇって思います。

歴代記録を見ても、オリンピックに出た選手もいますからね~

最後の日本インカレ4×100mリレーで日吉克実さんは優勝し、桐生祥秀(東洋大)くんは2位でした。
これには感動しましたね~

やっぱり努力は裏切りませんね。
二人ともいい笑顔です(^o^)

日吉克実の大学卒業後の進路は?

日吉克実さんの大学卒業後の進路については、yahooやGoogleに情報がありませんでした。

情報が入りましたら、記述します!

まとめ

日吉克実さんは、将来を期待されながら、高校以降は失速・・・
それでも、諦めず努力し続けた姿勢は、かっこいいなっと。

桐生くんとの絆もあって、素敵ですね。
日吉克実さんの進路が気になりますが、引き続き、応援したいと思います。

それでは今回はこのへんで失礼します。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください