岩崎知愛里の家族や母親は?ポールダンスの成績と練習場所も!

みなさん、こんにちは!

「ニッポン育てる大事典」という東野幸治さんMCの番組に岩崎知愛里さんというポールダンスの天才少女が登場します。
ポールダンスは、垂直の柱を使い、柔軟性や筋力を駆使し、昇り降り・スピン・倒立などの体操的な技を複雑に組み合わせたダンスのことです。

難易度、完成度、芸術性を競うスポーツですね。
アクロバティックな技もあるので、見ている方は「すごーい」とパチパチと拍手してしまいますw

とはいえ、ポールダンスのバリバリ競技として頑張っている人は、1万人と言われています。
そんな中、岩崎知愛里さんは、全日本選手権で優勝をしていて、日本では無敵の実力の持ち主なんです。

中学生で日本一になるのは、すごいですよね~
両親にしてみたら、自慢の娘さんでしょう。

ポールにキュと張り付くようにできるのは、誰よりも多い練習量と鍛え上げられた筋肉のおかげだと思いますね。
ポールに接する足の甲や、太ももに青あざができ皮もむけそうだし、ヒリヒリしそう(泣)

そんな岩崎知愛里さんについて
どんな家族いるのか?
練習はどこでしているのか?

そこで今回は、岩崎知愛里の家族や母親は?ポールダンスの成績と練習場所も!という内容でお送りします。

Sponsored Links

岩崎知愛里のプロフィール紹介!

名前:岩崎 知愛里(いわさき ちあり)
生年月日:ネット上に情報なし
出身地:大阪府枚方市
出身小学校:大阪府枚方市立枚方第二小学校

「ポールスポーツ」として、オリンピックの正式種目入りを目指している程、今、女性を中心に注目されています。
今、13歳の岩崎知愛里さんは、世界大会に出場してグイと上位に入る程、ポールスポーツ界では、世界も注目しています。

岩崎知愛里さんが、ポールダンスを始めたのは、4歳の時です。
岩崎知愛里さんの母親が、フィットネスとして始めたポールダンスのショーを岩崎知愛里さんと一緒に見たら、岩崎知愛里さんが「やってみたい!!!!」とお願いしたことがきっかけでした。

でも、小学生でポールダンスに興味を持ちそうもないかなと個人的には思っていました。
小学生が「やりたい!」と思うのは、かっこいいとかすごいとかいう気持ちになった時だと思うので、岩崎知愛里さんが見たショーの演技がとてもすばらかったんだと思います。

しかし、ポールダンス自体は、マイナーな競技ですからね。
人気は徐々に上がって来ていますが、競技人口は伸び悩んでします。

岩崎知愛里さんのように、若くて実力のある選手がもっとたくさん出てくると、いいのですが・・・・。
引き締まったボディが自然に出来上がるので、筋トレが嫌いな人には向いているのかもしれないですね。

もっと、ポールダンスの知名度あげないといけませんね。
国際ポールスポーツ連盟の日本支部の岡本雅世理事長も「指導者が足りない」と言っていましたし・・・・

岩崎知愛里さんへの期待はかなりデカイと思います!

Sponsored Links

岩崎知愛里の家族や母親は?

岩崎知愛里さんに父親と母親がいます。

母親は、大阪府枚方市にある「ポールダンススタジオさえら」を運営しています。
母親もポールダンスのインストラクターをしているので、腕前はかなり上手だと思います。

元々は、母親もフィットネスから体もギュッと絞る為に始めていますので、母親自身もポールダンスの魅力にはまった1人でした。
一方、父親は、食事管理・体調管理をしているので主夫です。

親子でポールダンスの世界一を目指して頑張っているんですね。
同じ目標に向かっている親子ってなんだか素敵ですね!

岩崎知愛里のポールダンスの成績は?


と、国内の大会は優勝していますし、世界大会でTOP10にも入る成績なのは、すごいと思います。

中学生で世界基準の成績をおさめているので、これからの成長にわくわくしますね。
2017年12月にリヒテンシュタインで行われた世界大会でもキッズ部門で世界3位という素晴らしい成績を残しました。

世界一も夢ではないかもしれないです!!!

岩崎知愛里の練習場所は?

岩崎知愛里さんの練習場所は、「ポールダンススタジオさえら」です。
ここで日々、母親から指導を受けています。

かなり厳しい練習をしているそうですが、岩崎知愛里さんは、黙々とトレーニングをこなしています。
世界一になる為に、ヒシヒシと気迫を感じますね。

まとめ

岩崎知愛里さんは、マイナーな競技である「ポールスポーツ」で世界の上位に入り、世界レベルの実力を持っています。
一般でも、ダイエットや女性としての色気を出したくて、始める女性が増えています。

男性でも始めている人いるので、バレエのような感じでしょうか。
しなやかさも必要なので、筋トレが飽きた人にはいいかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで失礼します。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です