高良彩花の父親と高校は?太ももの筋肉がすごい!走り幅跳びの実力と戦績も!

Sponsored Links

みなさん、こんにちは。

「ミライ☆モンスター」で走り幅跳び選手の高良彩花さんが取り上げられます。
高良彩花さんは、白い歯がのぞくキュートな笑顔も魅力なんですが、体脂肪率一桁だろうと思われる体型に驚きます。

太ももの筋肉がムキムキで、どれだけの距離を飛ぶんだろうと思う程。
腕や腹筋も無駄のない筋肉をしているw

高良彩花さんは、どんな練習方法をしているんでしょう?

前回の「ミライ☆モンスター」で高良彩花さんの父親が映っていたので、どんな親子関係なのか気になりました。
高良彩花さんの素顔や走り幅跳びの実力と戦績も気になるところ・・・・

そこで今回は、高良彩花の父親と高校は?太ももの筋肉がすごい!走り幅跳びの実力と戦績も!という内容でお送りします。
[ad#co-1]

高良彩花のプロフィール紹介!高校も!

名前:高良彩花(こうら あやか)
生年月日:2001年3月22日
身長:157cm
出身:兵庫県
出身校:西宮浜中学校(兵庫県)、園田学園高校(兵庫県)
以前の所属:NOBY T&F CLUB

笑顔がかわいい高良彩花(こうら あやか)さんは、現在、高校2年生の16歳です。
すっぴんでこのかわいさなので、将来は、芸能界でも人気が出そうです。

スポーツキャスターなんかも似合いそうですね。
スーツを着て、スポーツ番組で解説している高良彩花さんの姿が想像できますw

そんな高良彩花さんは、西宮浜中学校を卒業し、現在は、園田学園高校に通っています。

ということで、高良彩花さんは、兵庫県西宮市に住んでいんですね。
テレビに出たら、もう有名人です(^o^)

ちなみに、高校の制服は、ELLEというブランドのものです。

高良彩花 高校 制服

引用元:http://seihuku-zukan.com/zukan/ks/hg/189/profile.htm

控えめの制服ですが、ブラウスにピンクやブルー、イエローとあって可愛らしいので、シンプルですが、地味さはないですね。

高良彩花さんは、兵庫県の出身なんですが、関西の人は、表彰の時でもめっちゃ乗りがいい!

※11分30秒頃から高良彩花さんのアップが見れます!

マツコ
美少女だわー

高良彩花さんは、身長が157㎝と意外に低い。
さらに、食事管理もしっかりしているので、腹筋も綺麗に6つに分かれていますね。

体重も40Kg代なので、身長に対しては少ないですね。
標準的な理想体重は、54Kgなので、10Kg程少ない。

体脂肪率が一桁なのは、間違いなさそうですね。

自己管理ができる人は、運動競技でも良い成績を残しています。
走り幅跳びは、筋肉がつけすぎない程度にしなないと、遠くに跳ぶことは難しいですよね。

芯が強くないと、この体型を維持出来ないので、どれだけ自分自身をコントロールできるかが勝負です。

歩幅も計算して、踏切のタイミングも体に染み込ませないと、なかなか6mを越えるのは出来ないです。
でも、高良彩花さんは、6m超えで飛んでいるので、すごいことだと思います。

だから、高良彩花さんは、高校生女王で、世界選手権代表として23年ぶりに選ばれている選手( ´ ▽ ` )ノ

走り幅跳びではないんですが、ハードルでも1位になっています。
動画を見ると、足がしっかりと上がっているので、体が柔らかいのがよくわかりますね。

しかも、足がとても早い(驚)

そして、高良彩花さんが目標にしているのは、高校生のうちに6m50㎝以上跳ぶことだそう。
このまま、身長も伸びていけば、目標にしている距離は越えることは可能です。

東京五輪も2020年にあるので、期待出来そうですね!
[ad#co-2]

高良彩花の父親はどんな人?

「ミライ☆モンスター」の予告で、高良彩花さんの父親が出ていました。
お父さんも昔、陸上競技の選手で、大会で実績を残した実力の持ち主だと思っていたんです。

どうやら、高良彩花さんのコーチ的な存在ではなく、高良彩花さんの1番の理解者であり、応援者でもある良き父親でした。
なので、YahooやGoogleで調べても情報はありませんでした。

16歳ぐらいになると、父親としては、避けたい反抗期が出てきそうなところですが、高良彩花さんは違うようですね。
「とても仲の良い親子だなー」って思いました。

スポーツでは精神の安定も、良い成績を残すには大事なこと。
高良彩花さんには、家族の応援があるからこそ、走り幅跳びの競技に集中できる環境ができているわけですね。

「今日は、もう少し飛べたなー」
「風が強くで距離が伸びなかったなー」

という親子の会話が聞こえてきそうです。

[ad#co-2]

高良彩花の太ももの筋肉の秘密は?

走り幅跳びは、助走⇒踏切準備 ⇒踏切⇒空中⇒着地の流れがスムーズにいかないと遠くへは飛べません。
もちろん、日頃の筋肉トレーニングも大事です。

これらの一連の動作を強化するには、「プライオメトリックス」あるいは「プライオメトリックトレーニング」といわれるトレーニングが有効です。

トレーニングのメニュー例はこちら!

1回のトレーニングで、以下の中から2~3種目を選んで行ってください。

①強度⇒弱
縄とび:接地時間を短く、リズミカルであることを意識してください。(2分×3セット)

②強度⇒中
デプスジャンプ:30㎝~50cm程度の台から飛び降り、着地の瞬間、跳びはねます。(20回×2セット)
ハードルジャンプ:180cm間隔でローハードルを5台セットし、両脚を揃えて跳び越える。(5セット)

③強度⇒強
デプスジャンプ:80cm~1m程度の台から飛び降り、着地の瞬間、跳びはね、元の台に戻る。(10回×3セット)
ハードルジャンプ:180cm間隔でローハードルを10台セットし、両脚を揃えて跳び越える。(5セット)

④バウンディング
距離設定:30m、50m、100m。
方法:両足、片足、左右交互。左右交互の場合、シングルアームとダブルアームとでも負荷は変わります。
これも、接地時間は短く、リズミカルであることを意識してください。

高良彩花さんもこのようなトレーニングをしているでしょう。

食事管理も徹底しているからこそ、小さい体でも、力強く踏切が出来て、遠くに跳べるんだと思います。
[ad#co-2]

高良彩花の走り幅跳びの実力と戦績がすごい!

ところで、走り幅跳びの点数ってどういう基準でみているかご存知ですか?

競技の着地点は普通、安全性と記録の行いやすさから砂場となっている。

その砂場にできた競技者の身体(普通は足)の跡のうち、

踏み切り地点より最も近い地点を着地点とし、

踏み切り地点からの距離を記録とする。

手や尻を後ろに突いてしまった場合はその地点までの距離が記録となる。
引用元:wikipedia

歩幅と踏み出すタイミングが上手ですね。
これが高良彩花さんは上手いので飛距離を伸ばすことができているんですね。

2017年6月世界選手権兼日本選手権 1位 (6m14)

2016年10月いわて国体陸上 3位

2016年6月日・韓・中ジュニア交流競技会 1位(6m18)

2015年全国中学校体育大会 1位(6m12)

と、過去の大会も含めすばらしい成績をおさめ、実力は国内トップレベルです。

勝ちまくっています!

しかも、自己新で最後に逆転しての勝利なので、勝負強さをあります。

高良彩花さんは、まだ高校生なので、まだまだ伸びる可能性は高いです。
そして、高良彩花さんの目標は常に6m以上跳ぶことと6m50㎝を越えを狙っているそうですよ。

[ad#co-2]

高良彩花に彼氏はいるの?

高良彩花さんは、かわいいし、スポーツも得意なので、男子からモテそう(^^)
でも、今は陸上競技に集中しているので、ネットで調べても彼氏の情報はなく、彼氏はいないそうです。

密かに付き合っている子がいてもおかしくはないですよね。
むしろ、それで記録が伸びるなら、温かく見守ってあげたいです。

まとめ

笑顔がかわいい高良彩花さん。
走り幅跳びでは、同年代で国内敵なしです。

アスリートとしてはこれから身長も伸びそうだし、筋肉もつきそうです。
記録も伸びるでしょう。

東京五輪の時は、19歳なので、これからの活躍が楽しみですね。

それでは今回はこのへんで失礼します♪

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください