銀粉蝶の本名や若い頃は?結婚した夫や子供は?国籍は韓国なの?

こんにちは、菅田です。

今日は大好きなタリーズでまったり過ごしました。

カフェは、ぼーっとしたり、本を読んだりして過ごせるのでいいですね(^o^)

カフェでネットサーフィンしていたら、10月から始める新ドラマ『奥様は取り扱い注意』に出演している銀粉蝶さんが気になりました。

まず、名前が気になりますよね。

銀粉蝶って本名なんでしょうかね。

国籍も気になります!

そこで今回は、銀粉蝶の本名や若い頃は?結婚した夫や子供は?国籍は韓国なの?という内容でお送りします。

Sponsored Links

銀粉蝶の本名は?

銀粉蝶さんの本名を調べてみたところ、twitterで情報がありました。

銀粉蝶さんの本名は、吉田輝子っていうんですね。

銀粉蝶さんは、栃木県出身で女優であり、シンガーソングライターでもある65歳。

マツコ
65歳とは思えない。若くみえる~

銀粉蝶さんは、舞台を中心にして活躍している方!

演技の評判は、鑑賞した方が口を揃えて、「すばらしい!!!」の声(*´∀`)

特に、歌声は別格のようですね。

歌声ではないですが、銀粉蝶さんの生声のYouTube動画がありました。

※1分13秒付近から聞けます。

そんな女優として演技力や経歴は申し分ない銀粉蝶さんが出演する『奥様は取り扱い注意』が楽しみでしかたない!!!

銀粉蝶の若い頃は?

今では、女優としての地位を確立した銀粉蝶さんですが、若い頃はどんな方だったんでしょうね。

銀粉蝶さんは、昔から劇団の看板女優だったんですね。

銀粉蝶さんは、若い頃から美人さんなので、モテそうですが、演技も上手をなれば、ファンも多かったでしょうね(^o^)

片桐はいりさんとも劇団で一緒だったのは、意外でした(笑)

劇場が下北沢にあったのなら、当時は銀粉蝶さんも下北沢で暮らしていたのかな。

個人的には、今も下北沢って演劇の街って印象がありますね。

おしゃれな古着屋さんもあるし!!!

Sponsored Links

銀粉蝶の結婚した夫や子供は?

銀粉蝶さんの旦那さんをtwitterのつぶやきで見つけましたよ。


ってことで、銀粉蝶さんの夫は、生田萬さん。

マツコ
初めて知ったよ~

生田萬さんは、劇作家であり、演出家でもあります。

東京都生まれで、早稲田大学在学中に劇団を結成しています。

1981年に、妻の銀粉蝶とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、片桐はいりさんや山下千景さんと共に活動していたんです。

かれこれ36年も演劇に関係する仕事をしてきているのは、すごいです!!!

若手の指導も積極的にしている生田萬さんって演劇家の鏡です(^o^)

銀粉蝶さんと生田萬さんの間には、息子さんがいます。

ちなみに、銀粉蝶さんは、子供が高校3年生になるまで手をかけ、自分では何もしない人間になってしまったため、失敗だった、と語っていました^^;

マツコ
子育ては難しいな~

銀粉蝶さんのように両親が舞台関係の仕事をしている家庭があると思います。

それでも、銀粉蝶さんは子供の世話を一生懸命にしていたんだと思っています。

銀粉蝶さんにとって初めての子供ですから、かわいくて仕方なかったでしょうね。

つい、なんでもしてあげちゃうのもよくわかります(^^)

Sponsored Links

銀粉蝶の国籍は韓国なの?

銀粉蝶さんは、正真正銘の日本人です。

韓国人ぽい容姿がそのように思われたんでしょうね。

雰囲気も独特なものが漂っているので、韓国人かなって思ってしまいますよね。

Sponsored Links

まとめ

銀粉蝶さんには、女優としてはベテランで実力は申し分ないです。

母親でもあるので、子育てをした経験も演技にあらわれているから、舞台女優を長く出来ているだと思います。

テレビドラマに出演するので、たのしみですね。

それでは今回はこのへんで失礼します♪

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です