今西拓弥のコントロールや球速は?成績や実力とドラフト球団は?

東京六大学野球秋季リーグ戦に登板した早稲田大学の一年生身長2メートルの今西拓弥選手!

出身高校が、高校野球の夏の大会で、準優勝の広島広陵高なので注目されたんですね。

それにしても身長が2メートルはかなり高いですよね。

何を食べたらそんなに大きくなるんでしょうね。

そういえば、バレーボール男子の大竹壱青選手も2メートル越えの身長でしたね。

個人的には、今西拓弥選手の実力が気になりました。

そこで今回は、今西拓弥のコントロールや球速は?成績や実力とドラフト球団は?という内容でまとめてみました。

Sponsored Links

今西拓弥のプロフィール紹介!

名前:今西拓弥(いまにしたくみ)
生年月日:1998/6/22
身長:200㎝
体重:90Kg
出身地:奈良県
出身高校:広陵
大学:早稲田大学 スポーツ科学部
引用元

和製ランディと呼ばれている今西拓弥選手。

左腕は貴重ですよね。

そんな今西拓弥選手ですが、体重が90Kgあります。

今西拓弥選手の場合、適正体重は、88Kg

ほぼ、適正体重ですね。

でも、今西拓弥選手は筋肉トレーニングをしているので、体脂肪率はかなり低いでしょうね。

今西拓弥選手は橿原市立橿原中学校に通いながら、志貴グッドボーイズ(現チーム名:志貴ボーイズ)でプレーをしていました。

その後、広陵高等学校に進み、1年からレギュラーとして出場しましたが、甲子園の出場はありませんでした。

高校卒業後は。早稲田大学に進学し、フレッシュリーグでは先発を果たしています。

さらに9/9の六大学の秋季リーグ明大戦で、デビューをしていますね。

それにしても2m近い長身から投げ下ろされる角度のあるストレートが持ち味なので、さらに磨きをかけて欲しいです。

細すぎる体をもっと食べて筋肉つけて体重増やさないとこの先の活躍は難しいでしょうね。

筆者は、特に下半身の強化が重要だと思っています。

Sponsored Links

今西拓弥のコントロールや球速は?

今西拓弥選手のコントロールはまずまずですね。

制球が悪いとは思わないですし、ストレートが武器なので、球種も少ないです。

これからの課題ですね。

球速は、135kmから140kmです。

リーチが長いので、もう少し速くてもおかしくありません。

これからの筋肉強化がとても大事になってきますね。

投手が弱い早稲田の救世主になれますでしょうか。

Sponsored Links

今西拓弥の成績や実力は?

今西拓弥投手のセールスポイントはなんといっても背の高さや手足の長さだと思っています。

長身から投げ下ろされる投球は、角度があってとても打ちづらいんです。

阪神の藤浪投手や日ハムの大谷投手などもそうです。

投手として身長の高さというのはそれだけで有利なんですよね。

まだ、全国的な大会での実績が少ないので、これから、トレーニングをして実力が増すのを期待したい。

今西拓弥選手のもっているポテンシャルはかなり高いので、これからしっかりトレーニングを積んで、世界でも活躍できる選手になって欲しいですね。

Sponsored Links

今西拓弥の今後は?ドラフト球団は?

今西拓弥選手は、まだ大学一年生なので、今後のことを考えるのは早いと思うところですが、プロのスカウトからはチェックが入っています。

アメリカの元メジャーリーガー ランディ・ジョンソンのように活躍できる素質がある今西拓弥選手。

筆者の予想では、巨人広島が有力だと思っています。

巨人は投手陣がいまいちなので、今西拓弥選手の加入はいいと思います。

広島は、近年、優勝に近いチームになり、戦力も安定しています。

今西拓弥選手は広島のような球団で、みっちりトレーニングをするのは、とても良い選択だと思っています。

まずは、早稲田大学でしっかり実績と実力をあげるのが今西拓弥選手にとってとても大事になってくると思いますね。

まとめ

和製ランディと言われ始めている今西拓弥選手。

2mからのストレートは相手打者の脅威になります。

輝く原石なので、ゴシゴシ磨いて、日本を代表する投手になって欲しいですね。

それでは今回はこのへんで失礼します。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です