熱盛の声の主は誰?元ネタと報道ステーション放送事故動画も!

最近のツイッターでは『熱盛』が人気です!

『たまに熱盛が出てしまうextension』というグーグルクロームの拡張機能が登場する程です。

でも、元ネタは報道ステーションの放送事故ですね。

真面目なニュースを放映しているときにスタッフが間違えて流してしまったんです。

2回目の放送事故なので話題になったんです。

Sponsored Links

元ネタと報道ステーション放送事故動画も!

元ネタの報道ステーション放送事故動画を見てみましょう。

真面目な内容に熱盛コールが・・・

完全に場違いな使い方をしていますね。

そもそも熱盛とは何でしょう?

特盛と間違えそうになりますが、熱盛は、報道ステーションのスポーツコーナー『今日の熱盛』が元ネタです。

熱盛は、

熱く盛り上がったシーン

という意味があり、その日一番盛り上がったプレーを紹介しています。

熱盛ィ!

と、いう音声とともに、上記のロゴが画面に登場するという演出が面白いんですよね~

さらに、『熱盛』にはレベルがいくつかあるので、

「アァツモリィィーーー!」

という、かなり勢いのある『熱盛』も存在しています(笑)

耳に残るフレーズ!!!!

だから、2回も放送事故を起こして、話題になったんです。

その2回というのが、

2017年4月20日の報道ステーションの熱盛放送事故1 福岡3.8億円事件の報道の時。

2017年8月24日の報道ステーションの熱盛放送事故2 秋田市の豪雨被害の状況報道の時。

どちらも視聴者の関心が高い内容。

そんな時の熱盛コールは雰囲気をぶち壊しています。

筆者としては、わざとかと思うぐらいタイミングが絶妙だと思いましたね。

それにしても富川悠太アナウンサーの落ち着いて素早い対応はさすがですね。

ところで、熱盛が人気の理由は、印象的なフレーズだけではなく、『熱盛』のテンションの高さと場違いな熱盛の登場のギャプが妙に面白いところだと筆者は思います。

でも、視聴者は、

「ウケ狙いとか不謹慎すぎ」

「同じことを繰り返すとか、プロとしておかしい」

と批判が多かった。

他局ても・・・

フジ「グッディ」も事件の報道の最中に「ピンポ~ン!」の効果音が・・・

わざとでしょ?


何やってんのさ

と批判的は意見が多かったですね。

場違いな効果音なので仕方ないとは思います。

ミヤネ屋で放送事故 突然「結婚しようか」の声流れたこともありました。

意外の効果音の放送事故は多いんですよね。

熱盛はいろいろなところで使われそうですね(笑)

Sponsored Links

熱盛の声の主は誰?

熱盛は、報道ステーションの出演者のひとりで野球担当・稲葉篤紀さんの(あつのり)が元になったと言われていますね。

熱盛

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14178651184

同じように気になった人がいました。

でも、今現在は誰の声だかはわかっていません。

熱い感じのする声の持ち主を考えると、松岡修造さんか川平慈英さんだと筆者は思いますね。

まとめ

『報道ステーション』の演出の1つである『熱盛

放送事故がきっかけで注目されているので、テレビ朝日としては素直には喜べませんよね。

正しいことをしっかりと伝えるのが仕事なので、社員の教育は徹底して、同じことを繰り返さないようにしてほしいです。

それでは今回はこのへんで失礼します。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です