大和トンネル渋滞の理由と原因は?解消時間や回避方法の情報を紹介!

神奈川県内の東名高速道路大和トンネルあたりは「渋滞名所」と言われています。

お盆の時期は確実に混む場所ですね。

楽しい雰囲気のはずが渋滞で険悪な雰囲気になるのはよくあること。

大和トンネル渋滞の理由と原因ってなんでしょうね。

回避方法ってあるんでしょうか。

早速、大和トンネルの渋滞について調べてみました。

Sponsored Links

大和トンネル渋滞の理由と原因は?

静岡県から東名高速道路を使って東京方面へ向かう時、頻繁に大渋滞するのが神奈川県の横浜町田ICから厚木IC間に存在する大和トンネル。

大型連休や祝日の時は特に渋滞している。

平日の夕方でも混む時があります。

なんで混むんでしょう。

それは、トンネル内で減速し、出口から一般道へ出るところでの信号による渋滞の影響が推測されます。

※8分35秒あたりが大和トンネル入口です

動画を見るとわかるとおもいますが、基本的に3車線とも車の速度が遅いです。

これは上り坂になっているためです。

なので、流れが緩やかになり、自然渋滞が起きやすいんですよね~。

大和トンネルの渋滞の原因をまとめると・・・

・上り坂での減速
・トンネル内での減速
・Nシステムの見間違え

ということになります。

Sponsored Links

大和トンネル渋滞解消時間や回避方法の情報を紹介!

2016年6月に「ピンポイント渋滞対策」が始まり、東京オリンピックに向けて、渋滞解消に乗り出しました。

大和トンネル

引用元:https://nikkan-spa.jp/1304688

画像のように路肩を狭くすると同時に1車線の幅を25cmずつ狭くすることで、もう1車線分の幅を作ることをしています。

ただ、この拡張工事だけでは不十分なので、追加工事もあると思います。

ですが、大和トンネルだけでも、車線を増やせば、渋滞が3割減少すると言われています。

それと、上り坂なので、速度が落ちないようにアクセルを少しだけ強く踏めばいいでしょう。

大和トンネルの渋滞を回避するには、渋滞時間を避けるのが1番ストレスなく効果的です。

上り線は午後から深夜、下り線は午前5時から7時までの時間以外での移動するのがオススメです。

抜け道があればと思い、調べてみましたが、オススメ出来る抜け道はありませんでした。

走行中は左車線に走ることのがオススメです。

理由は、人間の心理として右車線の方が早いと右車線へ流れる傾向があるからです。

意外に左車線で走った方が速度が遅いレーンだけあって、走っている車が少ないので、スムーズに進みやすいです。

それでも抜け道で行きたいという方はこちらを使ってみてはどうでしょう。

渋滞のイライラを4000円程度でずっと解決できたら、嬉しいですよね~

渋滞を回避するには、左車線を走り、いつもよりもアクセルを多く踏んで、速度が遅くなり過ぎないようにするのがいいです。

それによって渋滞解消時間もかなり短縮できると思います。

是非、試してみてください。

試した感想をコメントでいただけると嬉しいです。

まとめ

渋滞の名所でもある大和トンネル。

具体的な渋滞の回避方法を紹介しました。

オススメの抜け道がありましたら、コメントで教えてください。

それでは、今回はこのへんで失礼します♪

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です