赤松真人(広島)の嫁は社長令嬢で画像は?子供や現在の生活を調査!

広島東洋カープの赤松真人選手は、2016年に胃がんになったことを公表しました。

『プロ野球選手の妻たち』という番組で、抗がん剤の治療を乗り越えて、1軍復帰を目指す姿が特集されています。

番組内では、家族である赤松真人選手の妻の献身的な支えが注目されています。

僕は感動系の番組を見るとつい泣いてしまいます・・・・

早速、赤松真人選手の妻と家族について調べてみました。

Sponsored Links

赤松真人のプロフィール紹介!

出身地:京都府京都市伏見区
生年月日 :1982年9月6日(34歳)
身長:182 cm
体重:75 kg

選手情報
投球・打席:右投右打
ポジション:外野手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年10月4日
年俸:3,600万円(2017年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
平安高等学校
立命館大学
阪神タイガース (2005 – 2007)
広島東洋カープ (2008 – )
引用元

藤森中学校時代は倖田來未さんと同級生で、一緒に野球をしたこともあります。

倖田來未さんは赤松真人選手と同じ野球部員だったので、もし歌が下手だったら、野球選手で有名になっていたでしょうね。

当時は倖田來未さんが日本を代表する歌手になるとは思っていなかった他の野球部員の中にはもっと仲良くしておけばよかったと思っているんじゃないかと思います。

今でも赤松真人選手と倖田來未さんは仲良しで、家族ぐるみで交流があるそうです。

赤松真人選手の学生時代の仲間が有名人になっている人が意外に多いんです。

平安高校に進み、2年に投手兼外野手として春の甲子園に出場し、ベスト8になりました。

その時、同級生が同じ広島のチームメイトになる岸本秀樹選手がいます。

さらに、立命館大学では、歌手の倉木麻衣さんと産業社会学部産業社会学科のクラスメイトでした。

どうやら、赤松真人選手は歌手の友だちが多いんですね。

僕が、倖田來未さんや倉木麻衣さんとカラオケにいったら、聞く専門になるのは間違いないですね。

僕は歌が上手くないので、正直、歌いづらいです・・・・w

2004年のドラフトで阪神タイガースに入団。

阪神タイガース時代に結婚とトレードを経験し、広島東洋カープへ入団。

2016年に胃がんが見つかり、治療の為、療養を始めます。

50メートル走5秒5の脚と遠投125メートルの強肩を持っている赤松真人選手。

代走のスペシャリストとして、チームで重宝されていただけに、本人は相当落ち込んだででしょうね。

しかも年齢も34歳と若いので、がんの進行も早いから不安でたまらなかったはず。

僕だったら、不安の方が強くて、これから家族を守れるのだろうかと弱気な気持ちになると思います。

特に妻の支えがどれだけ大事なのか、身をもって感じるでしょうね。

Sponsored Links

赤松真人の妻と子供について紹介!画像も!

赤松真人選手の妻は、元レースクィーン赤松寛子さんです。

赤松真人

引用元:http://5w1h-jp.com/sports/akamatsumasato-yome

生年月日:1979年7月31日
出身地:大阪府

IZAMの嫁の吉岡美穂さんが所属していたワンエイトプロモーションでモデル活動をしていました。

夫が胃がんになって、献身的に支えている赤松寛子さん。

「早く野球をさせてあげたい」

この思いだけを胸に日々、赤松真人さんを支えています。

赤松真人似のひとり息子もいるので、お父さんも頑張らないといけないですね。

Sponsored Links

赤松真人の現在の様子は?

1月5日に胃がんの摘出手術を行った後は、抗がん剤による治療を行ってきた。「手術をしてから、病気だったんだと思うことはあった。(抗がん剤治療は)本当につらいんですよ。立てないくらい。3日寝込むくらい」と振り返る。

手紙やブログを通じて多くの励ましのメッセージを受け取った。「もちろん(励みに)なりました。特に同じ病気をされてる方、もっと大きい病気をされている方からも手紙をもらった。言ってみれば僕は運動も出来るし食事も出来る状況なので。やらないと逆に失礼だと思うから。僕がしっかり運動をして、回復をして、そういう方々に勇気を与えるのが僕の使命。頑張らないといけない。プロ野球選手にとって、1軍の舞台が一番。そこで活躍するのが目標。ジャンプアップは出来ないけど、1歩1歩頑張っていきたい」と誓った。
引用元

約9カ月ぶりに赤松真人選手が復帰しました。

リンパ節への転移もあったんですが、副作用の強い抗がん剤治療を選んで乗り越えました。

まずは3軍で調整し、2軍入りを目指すんですが、代走のスペシャリストがチームに戻って来たのは本当にうれしいですね。

食事の面など、妻の献身的な支えと息子の元気な姿が、赤松真人選手をグランドに戻したんでしょうね。

感動します。

再発はしないことを祈りながら・・・

まとめ

代走に加えて守備の名手でもある赤松真人選手。

体調管理には人一倍気を使っていた本人が、まさかの胃がんに・・・・

あきらめない気持ちと不安な気持ちを後押ししてくれたのは家族であり、妻の赤松寛子さんだと思います。

機動力が武器のカープにとって代走の切り札がいないのは大きいですからね。

また、一軍の試合で赤松真人選手が見れるのを楽しみにしています。

それでは、今回はこれにて失礼します。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です