大人の発達障害の見極め方や特徴は?家族や職場対応の具体例を紹介!

世界一受けたい授業で大人の発達障害について取り上げられます。

今現在の人口の内、6%前後の約600万人が大人の発達障害だとわかっています。

意外に多いですよね。

見極め方や特徴というのがいまいちわかりにくい。

家族間や職場でのコミュニケーションでの対応で困ることもあるのではないでしょうか。

早速、大人の発達障害について調べてみました。

Sponsored Links

大人の発達障害とは?

日本での発達障害の定義は、

「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」

となっています。

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害のことです。

発達障害の要因はひとつだけはなく複数の要因が関係している場合が多いです。

発達障害にはいくつかの分類があります。

発達障害

出典元:https://h-navi.jp/

広汎性発達障害:コミュニケーションが苦手

注意欠陥・多動性障害(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder):年齢的に相応した言動などに不注意・多動・衝動性の症状が複数見られる障害

学習障害(LD:Learning DisordersまたはLearning Disabilities):知的発達には問題はないが「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」などが苦手。

知的障害:知的な発達の遅れがある障害

これらの障害は18歳までに発症するケースがほとんどです。

大人になってから発達障害が判明するのは、仕事上のミスや、社会人として生活する上で人間関係がうまく築けないなどの悩みが続いた時です。

菅田
これって誰でも当てはまるよね

Sponsored Links

大人の発達障害の見極め方や特徴は?

発達障害の原因や治療は各障害や個々のケースによって異なりますが、まだ解明が進んでいないことも多いんですよね。

医学的な診断基準を全て満たすわけではないものの発達障害のいくつかの特性を持ち、日常生活を送る上でも困難を抱えている状態

と言われるグレーゾーンと言われる人もいます。

まずは専門機関に行き、医師の問診を受けましょう。

代表的な発達障害を紹介します。

注意欠陥/多動性障害(ADHD)

集中力が長時間保てなかったり、落ち着きがない、物忘れをしがちといった行動が目立つため、周囲からやる気がないというような誤解を受けがちになります。

ミスが多くなるので、ミスが許されないような仕事には向いておらず、独特の感性があるのでアイデア勝負の仕事には向いていますね。

企画、開発の仕事との相性はいいです。

学習障害(LD)

苦手な分野な分野が多いので、テクノロジーや手段を替え工夫することで生活を充実することができます。

作家、映画監督、発明家、俳優などで活躍している人がいるので、障害の程度対して対応が変わってきますね。

家族や職場対応の具体例を紹介!

発達障害は本人だけでなく家族も悩んでいることが多いです。

身近な人が発達障害を理解し、支援していくことが、結果的に本人の自信につながります。

それに障害者差別解消法という法律があります。

職場でも適応される法律です。

とはいえ、職場に障害の情報を開示するかはひとりひとり違います。

迷ったら、発達障害者支援センターなどの専門機関に相談するのが1番いいですね。

まとめ

大人の発達障害はかなり増えています。

自分も発達障害なのではと思うこともあります。

障害名に流されず、気になったら、専門機関で相談するのがいいですね。

安易に病名がつく場合はありますが、その場合は複数の診断を元に総合的に判断するのが賢明です!

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です