いずも型護衛艦が米艦防護に派遣される意味と海外の反応は?航行経路と時間を調査!

日本のいずも型護衛艦が米艦防護に初めてつきました。

安全保障関連法で米原子力空母「カール・ビンソン」との共同訓練したばかり。

いよいよ日米で北朝鮮を迎えうる体制になりました。

海外の反応はどうなんでしょうね。

早速、いずも型護衛艦について調べてみました。

いずも型護衛艦が米艦防護に派遣される意味は?航行経路も!

引用元:http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050100120&g=prk

いずも型護衛艦(海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦)は横須賀基地出発して、シンガーポールに向かう途中、北朝鮮の弾道ミサイルを警戒監視中の米イージス艦やカール・ビンソンと行動する艦隊の燃料補給をするのが役目です。

米艦防護の任務を開始した護衛艦「いずも」は、全長がおよそ250メートルに及ぶ海上自衛隊で最大級の艦艇です。

それにしても「いずも」だけで米艦を防護するのは不足では?

「いずも」は単艦の運用だと戦闘能力、特に防空において「ひゅうが」や「いせ」より劣ると思うんですよね。

菅田
米艦防護と言ってもついで感のほうが強いな。
菅田
本気で護衛なら日本海側まで随伴でしょ。法令適用実績作りと同盟誇示が狙いってことですかねー
菅田
それにしても何を防護するの
Sponsored Links

海外の反応は?

後方支援は大切な役目です的な日本らしいですよ。

尖閣諸島の、対中国への圧力なんかもあるんじゃないのかな?

デモンストレーション以外に軍事力を使っている国ってシリアとアフリカ以外に見当たりますか?

とりあえず、日米の『条約』を順守するという姿勢を日本側が見せたってことですかね?今後の対応によって「対等な関係」なのか「日本は米国の犬」なのかが見えてくるんじゃないでしょうか・・・。

実績作りという事だけで騒ぐのはまだ早いと思います。

と、海外の声をまとめたサイトなどを見て回ってきました。

やはり、「中国に対して牽制している」

と見ている人が多いみたいですね。

中国に対して日米安全保障条約のアピールというのがおおかたの反応ですね!

いずも型護衛艦の航行時間を調査!

「いずも」は2日にかけて補給艦の周辺で警戒監視の活動を行い、四国沖の太平洋でわかれたあと、東南アジアなどを訪れる長期航行に向かうことが決まっています。

航行時間は公式には発表されていません。

日本の防衛には必要だし、今現在の北朝鮮との状況から詳細は公表しない方針なのでしょうね。

すでに情報戦が始まっているわけです。

北朝鮮もミサイルを発射しているが成功していないところですが、次のミサイルの発射は標的を狙ってくるでしょう。

これからの日米と北朝鮮との展開に注目ですね。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です