柳元光晴の経歴や作品が気になる!年齡と響のドラマ化はいつかチェック!

マンガ大賞2017に柳元光晴さんの作品「響 ~小説家になる方法~」に決まりましたね。

おめでとうございます(^^)

朝の情報番組で柳元光晴さんがインタビューを受けていたんですが、顔出ししていない(笑)

私は漫画のことはあまり詳しくないんですが、マンガ大賞となれば気になります。

早速、柳元光晴さんについて調べてみました。

Sponsored Links

柳元光晴のプロフィールと経歴!

名前:柳本光晴(やなもと みつはる)
生年月日:8月25日
出身地:徳島県 現在は東京都調布市に在住
連載中の作品:『響』(ビッグコミックスペリオール)

柳元光晴(やなもとみつはる)さんは徳島県出身で今現在、東京都で漫画家として活動しています。

年齡は非公開なんですが、2013年のブログでこんなことを言っていたんです。

ふと思い出したんですけど。りびんぐゲームという超名作漫画。知ってます?20年くらい前の漫画なんですけど。中学生だかの頃に単行本で読みました。なんで知ったかは覚えてないけど・・・。

それに情報番組のインタビューの声で考えると、あくまで推測ですが、35歳~38歳だと思います。

ドラクエやジブリも好きなので大体このぐらいの年齡でしょう。

また、『ミハル』というペンネームで「TTT」という同好の仲間同士(あるいは個人)が、同人誌や同人ゲーム、同人音楽などの制作・発行を行う同人サークルで漫画の執筆活動をしています。

そんな柳元光晴さんですが、これまでの作品もファンは多いんですよね。

「涼宮ハルヒの憂鬱」

「女の子が死ぬ話」

「ハルヒかわいい」

「日菜子さん」

「涼宮ハルヒの憂鬱」は私も知っているのでかなりの人気漫画ですよね。

とにかく絵が綺麗だし、ストーリーの展開が面白い!

声優の平野綾さんの声がたまらないんですよね(^^)

それにしても「涼宮ハルヒの憂鬱」関連のwikiの情報量がハンパない(笑)

そして、柳元光晴さんの今現在は2014年から連載中の「響 ~小説家になる方法~」に全力で執筆中です!

今回のマンガ大賞になるには、

「マンガ大賞」は書店員を中心とした各界のマンガ好きが集まり、その年のイチオシマンガを決めるために開催しているマンガ賞。2008年にスタートし、今回で10回目を迎えています。その年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作品を対象としており、二次選考では一次選考を通過した13作品から大賞が選ばれました。

とあるように、柳元光晴さんの作品は漫画に精通している方やとにかく漫画が好きでオタクレベルの方から選ばれて頂点になっているので、一度読んでみる価値はありますね。

Sponsored Links

「響 ~小説家になる方法~」のドラマ化はいつ?

最近のドラマのトレンドは人気漫画の実写化。

最近ですと、「東京タラレバ娘」「男水!」「スーパーサラリーマン左江内氏」など多数放送されています。

ということで気になるのは「響 ~小説家になる方法~」のドラマ化があるのか?それはいつなの?ってことですよね。

今回、マンガ大賞になり、注目が集まるのでドラマ化は確実だと思っています。

既にドラマ化のオファーも届いているそう。

菅田
わくわくしかない!

2018年1月のクールで是非、ドラマ化をっ!!!

それにしても文芸の才能に秀でた15歳の天才少女・鮎喰響役が誰になるのか妄想してしまいそう(笑)

ここは「かわいい!でも誰?」みたいな人がいいですよね。

私個人的に気になるのは、上西星来(じょうにし せいら)さん。

東京パフォーマンスドールのメンバーです。

上西星来

メガネかけたら鮎喰響に近づくと思うんですよね。

柳元光晴の気になる年収は?

マンガ大賞になったということで気になることのひとつに年収ですよね。

柳元光晴さんはこれまでに人気漫画を世に出しているのでこれまでの収入も相当もらっていると思います。

ワンピースの尾田先生クラスだと年収が31億とも言われています。

漫画以外でもグッツや映画などの収入もあるので別格です。

日本のトップにいる漫画家だと億は超えているので、柳元光晴さんも「涼宮ハルヒの憂鬱」関連の収入は相当あると予想出来るので、5000万は年収としてもらっているでしょうね。

それに「響 ~小説家になる方法~」が注目され、ヒットすれば、漫画家のランキング上位に入る可能性は十分にあります。

楽しみですね。

まとめ

マンガ大賞になった「響 ~小説家になる方法~」。

作者の柳元光晴さん自身もいまだ謎の部分はありますが、インタビューの声を聞く限り穏やかな優しい方ではないかと思います。

「響 ~小説家になる方法~」は少し読んで見ましたが引き込まれました。

オススメですよ!是非、読んでみてくださいね。

ではでは。ばいちゃ~

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です