野田あすか(発達障害ピアニスト)の母親や足の後遺症は?高校や彼氏を調査!




野田あすかさんというピアニストがいるんですが、彼女は解離性障害と自閉症スペクトラム障害という発達障害を持っています。

発達障害とは、脳機能障害の一種です。

他の人とコミュニケーションをとったり、暗黙のルールを守ったり、集中関心を保ったり、ミスや抜け漏れなくなく社会生活を送ったりすることが難しいとれされる障害です。

野田あすかさんは人間関係に疲れてストレスを抱えてパニック障害も起こしてしまうんですね。

その後、恩師に出会い症状も次第に回復し、ピアニストとして数々のコンクールで優秀な成績を収めます。

なんで、野田あすかさんが障害を乗り越えてピアニストとして活躍できたのかというのに興味を持ったので調べてみましたー。

Sponsored Links

野田あすかの母親ってどんな人?

野田さんの母・恭子さんについて調べてみたところ、高校教師であることがわかりました。

特に音楽の先生であるという情報はないようです。

でも、野田さんが4歳の頃からピアノを習わせているし、母親も野田あすかさんの感性がすごいとベタ褒めしていたので、自然と音楽を勧めたんではないでしょうか。

野田さんが発達障害とわかった時、恭子さんは「どうしてもっと気づいてあげられなかったんだろう」と自分を責めたそうです。

ちょうど、野田さんがウィーンに短期留学の最中に現地で診断を受けたのでとても大変な時期だったどろうと思います。

野田あすかさんの発達障害を受け入れて彼女の一番最善なことを選択してきた恭子さん。

そんな素敵な母親だからこそ野田さんの今があるのでしょうね。

Sponsored Links

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください