瀬尻稜のスポンサーや練習場はどこ?年収とスケートボードのブランドが気になる!

瀬尻稜
Sponsored Links

今日はプロスケートボーダーの瀬尻稜(せじり りょう)さんについて。

幼少の頃からスケードボードの大会で優勝するほどの実力の持ち主です。

プロスケートボーダーになるとスポンサーがついて年俸もそれなりの金額をもらっていそう。

どんなスポンサーがついて練習はどこでしているんでしょうか。

スケートボードのブランドもチェックもしちゃいましょー。

[ad#co-1]

瀬尻稜のプロフィールと経歴!

瀬尻稜

名前:瀬尻 稜(せじり りょう)
生年月日:1996年12月11日
出身地:東京都練馬区
身長:177cm

瀬尻稜さんはお父さんから幼稚園の時にスケボーをもらったのが始めたきっかけです。

小学2年生ではジュニア大会優勝

小学校3年生でアマチュア優勝

と瀬尻稜さんは同年代ではスケボーでは敵なしになります。

な、なんと小学校4年生でプロスケートボーダーになります。

11歳の時にはAJSA(日本スケートボード協会)の大会で史上最年少のグランドチャンピオンという偉業を成し遂げます。

それから3年連続グランドチャンピオンになるという成績を残します。

国内では敵なしのプロスケートボーダーとなった瀬尻稜さん。

戦歴をまとめてみました。

2015 WCS:O’Marisquino (スペイン)11位
2015 WCS:JACKALOPE FESTIVAL(カナダ)8位
2015 MYSTIC SK8 CUP(チェコ)4位
2015 WCS:FAR’N HIGH(フランス)10位
2015 STREET LEAGUE PRO OPEN(スペイン)セミファイナル14位
2015 KIA WORLD EXTREME GAMES(中国)アジアクラス2位
2015 The Boardr Am at Detroit(アメリカ)4位
2015 HEAT CUP 2015 (H.L.N.A. Skate Park) ベストトリック賞
2015 G-SHOCK REAL TOUGHNESS (六本木ヒルズ)  優勝
2015 SKATE & CUSTOM (THE UNION PARK) OPEN CLASS 優勝
2014 Tampa Am(アメリカ)13位
2014 WCS:WCS Moscow(ロシア)8位
2014 WCS:O’Marisquino (スペイン)2位 
2014 SKATEBOARD WORLD CUP JACKALOPE 2014 3位
2014 MYSTIC SK8 CUP 2014 3位
2014 Far’n High Skateboard World Cup in France 12位
2014 Back to the Streets 4位
2014 KIA WORLD EXTREME GAMES(上海)優勝
2014 WORLD CUP第1戦 SIMPLE SESSION 12位
2013 WORLD CUP 年間ランキング 3位
2013 G-SHOCK「REAL TOUGHNENSS」 in 東京ドームシティホール 優勝
2013 WORLD CUP CEARA WORLD CUP(ブラジル) 4位
2013 JAKALOPE 2013(カナダ) 優勝
2013 国際大会 Grandprix Beroun 2013(チェコ) 3位
2013 WORLD CUP MYSTIC SK8 CUP 2013(チェコ) 優勝
2013 WORLD CUP Far’n High 2013(フランス) 優勝
2012 G-SHOCK「REAL TOUGHNENSS」 優勝
2012 AJSA年間グランドチャンピオン ※4回目
2012 AJSA 第2戦「ワンメイクスタイル」 優勝
2012 World Cup「FAR’n HIGH Skateboard Worldcup」 (フランス)7位
2012 AJSA 第1戦「ムラサキカップ」 優勝
2012 KIA X GAME ASIA2012 3位
2011 G-SHOCK「REAL TOUGHNENSS」 優勝
2011 AJSA年間グランドチャンピオン ※3回目
2011 Dew Tour第2戦Portland (アメリカ) 11位
2011 World Cup Series Mystic SK8 Cup(チェコ) 15位
2010 AJSA 年間グランドチャンピオン ※2回目
2010 Chuncheon World Leisure CUP アジアクラス 優勝
2008 WORLD CUP SERIES MYSTIC CUP(チェコ)22位
2008 AJSA グランドチャンピオン ※最年少記録
2008 JFSAランキング グランドチャンピオン

世界一にもなっている瀬尻稜さんってマジですごいっす!

それではどんな感じでスケボーを操っているのかみてみましょう。

2020年に東京五輪ではスケボーが正式な種目になったので期待したいですね。

[ad#co-2]

瀬尻稜のスポンサーは?

瀬尻稜さんがスケボーに集中できる環境にはスポンサーの協力が必要ですよね。

というわけで、瀬尻稜ついているスポンサーは、

・ムラサキスポーツ

・REDBULL

・オークリー

です。

特にムラサキスポーツはスノーボードやサーフィンを中心に選手のスポンサーを積極的にしていますよね。

有名なところでは田中幸(プロスノーボーダー)ISSEI(ダンス)がいます。

スポンサーがついているのは心強いものです。

瀬尻稜の練習場は?

ムラサキパーク東京です。

東京都足立区千住関屋町19-1アメージングスクエアにあります。

>>ムラサキパーク東京について詳しくはこちら!

私も見たことがあるんですが、障害物があって、勾配もかなりキツイのでなかなか手強いコースでした。

瀬尻稜の年収は?

スポンサーだけでは練習や大会に参加できても、私生活までは面倒みてくれないですよね。

瀬尻稜さんの場合、プロとしての実績も十分なのでスクールの講師とかムラサキスポーツでスタッフとしてはたらくとかして死腰でも収入の足しにするのが現状でしょう。

アメリカではプロスケートボーダーの中には億の収入を得ている選手もいます。

Chirs Cole(クリス・コール)Eric Koston(エリック・コストン)はその仲に入っているでしょうね。

まさにアメリカン・ドリーム!

瀬尻稜さんは国内では敵なしなのでスポンサー料もそれなりはもらっています。

でも私の予想ですが、400万ぐらいでしょうか。

それにスポンサーからの道具などの無料支給で選手を続けていってると思います。

瀬尻稜愛用のスケートボードのブランドは?

スケートボードはelementというブランドです。

ウィールはAUTOBAHNというブランドを使用しています。

こんな感じで自分好きなデザインでカスタマスするとかっこいいですよね。

まとめ

世界での活躍が期待されている瀬尻稜さん。

空中でボードを1回転して自分は半回転するというスゴ技も決めてします実力は折り紙付き。

2020年東京五輪のメダル候補です(^^)

ではでは。ばいちゃ!

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください