金澤泰子の書道教室と講演会の料金や評判をチェック!夫も紹介!

金澤泰子
Sponsored Links

NHKの大河ドラマ「平清盛」の顔となる題字を書いているのは金沢翔子さんでした。

金沢翔子さんはダウン症で書家で有名になりましたよね。

その金沢翔子さんの母親である金澤泰子さんが『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演します。

それでは金澤泰子さんを深掘りしていきましょう!
[ad#co-1]

金澤泰子のプロフィールと経歴!

金澤泰子
=============
生年月日:1943年12月15日
出身;東京都目黒区
学歴:明治大学
=============

大学卒業後、書道「学書院」に入会し、柳田泰雲さんに師事します。

金澤泰子さんの書道家としての号は金澤蘭鳳

その頃能を通じて知り合ったのが金澤裕さん。

後の金澤泰子さんの夫です。

1985年に金沢翔子さんが誕生しています。

金沢翔子さんがダウン症であることは度々のテレビ出演で明らかになっています。

元々、書道の才能があった金沢翔子さんなんですが、小学校4年生の時に普通学級に通うことを断られてしまいます。

それ以降、親子で引きこもりの時期があったりして二人の時間が増えていくんです。

四六時中一緒にいたら、お互いストレスが溜まりますよね。

時々、ぶつかることもあったそうです。

泣くことも多かったと思います。

それでも金澤泰子さんは翔子さんにたくさんの愛情を注ぎ、立派な書道家へと成長させました。

菅田
我が子がダウン症だったらと思うと考えさせられます。

残念ながら金澤泰子さんの夫 金澤裕さんは金沢翔子さんが24歳の時に他界されております。

そんな金澤泰子さんの子育てに講演会や本の出版に依頼が増えました。

特に講演会は子育てに悩む親にとって力になると評判で続けて講演依頼が来ているそうです。

1990年には久が原書道教室を開設して書道の指導も積極的に行っています。
[ad#co-2]

書道教室と講演会の料金は?

書道教室

入会金:3000円
月謝:4000円
出品券・材料費 1100円

http://thecaterpillarwish.com/108tokyoto/10337535447.php

講演会

講演会の料金は人数や規模で変わるそうです。

https://www.nhk-p.co.jp/kikaku/kouen/kanazawa_yasuko.html

書道教室と講演会の評判は?

書道教室

初心者でも丁寧に教えてくれると評判のようです。

年3回行われる半折課題に出品したり、毎年8月に上野の森美術館で開催される「泰書展」など、
 各種展覧会に作品を発表したりしてモチベションも高く学べます。

講演会

感想の一例です。

・すばらしい講演をありがとうございました。「孤独の時間のための写経」たいへん心に残りました。人生の中に望まない孤独も有る時に書に向かうことの大切さを教えていただき、また効率性を求めるものが 社会的な地位を得るとは限らないとのことばも心に残りました。

・翔子さんは、素晴らしいお母様に育てていただいて幸せな方だと思います。翔子さんの書展を拝観させて いただいて心にぐっと重く、魅力を感じました。真に魂の書としか言いようがありませんでした。障害のある子どもにはもちろんですが、教えすぎはダメだと今日また新たな一滴を得られました。 心に添った指導を目指したいです。

・「闇の中にかならず光がある。」翔子さんが誕生された時からのご両親の気持ちが手に取るように理解できます。精神的に絶望感をもち本当に大変だったことと思いますが、今、成人され、とても純粋な天使のような娘さんとの親子関係がうらやましいくらいです。お話をお聞きして涙が出るくらい 感動しました。平家物語「平清盛」の題字は大好きで今日のお話を楽しみにしてきました。ありがとうございました。

・平和と調和の世界にいる翔子さんと沢山の時間を過ごされ、人生の様々な境地を開かれました。
21番目の染色体が一つ多い、その一つは「愛」なのではないか…と言った思いは、この大切な時間で得ることのできた答えなのですね。

・とても感動しました。自分がとても小さな人間のように思いました。金澤先生の一言一言がとても心に響き、今まで勉強したことがただ理解できたと思い込んでいただけたと痛感しました。

ダウン症の子供を持つ親として経験してきたことは多くの人に感動を与えているのがよくわかりますね。

こういう講演は続けてほしいですね。

金澤泰子のまとめ

金沢翔子さんの子育てで苦悩した時間で経験したことを無駄にしないように今も伝え続けている金澤泰子さん。

24時間テレビでも見た金沢翔子さんの作品を見たらダウン症だからできないと決めつけることがいかに無意味かわかります。

これから金澤泰子さんの活躍も期待ですね。

ではでは。ばいちゃ~

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください