剣の詩キャストの日本人役は誰?何話まであるか気になる

剣の詩キャストの日本人役は誰?

この記事の概要

  • 剣の詩キャストの日本人役は誰?
  • 剣の詩キャストは何話まである?
  • 剣の詩の感想

剣の詩キャストの日本人役は誰?

韓国ドラマ「剣の詩」は、1920年代の日本統治時代の朝鮮を舞台に、無法地帯となった間島でさまざまな事情を抱えた人々が尊厳のために戦う物語です。

Netflixで2023年9月22日から配信され、話題を呼んでいます。

 

このドラマでは、日本軍として登場する3人の俳優が注目されています。

3人の俳優は、イ・ヒョヌク、キム・イヌ、ソンフンです。

役名はイ・グァンイル、キム・ヨンジュン、ハ・ジョンテとなっています。

 

イ・ヒョヌクは、奴婢出身で日本軍に所属する主人公イ・ユンの元主人であり、三浦正平という名前で生きるイ・グァンイルを演じています。

彼は婚約者ナム・ヒシンが独立運動家であることを知らずに、日本軍の命令に従っていますが、次第に自分の立場に疑問を抱くようになります。

 

イ・ヒョヌクは1986年生まれで、2007年に映画「私たちが好きだったこと」でデビューしました。

その後も映画やドラマに出演し、特に2021年に放送されたドラマ「mine」では悪役として高い評価を得ました。

彼は演技力だけでなく、端正な顔立ちやスタイルも魅力的な俳優です。

 

キム・イヌは、日本軍の中尉であり、グァンイルの部下であるキム・ヨンジュンを演じています。

彼はグァンイルに忠誠を誓っており、反乱軍や盗賊たちと戦っていますが、時には自分の感情も見せます。

 

キム・イヌは1992年生まれで、2011年に映画「サニー 永遠の仲間たち」でデビューしました。

その後も映画やドラマに出演し、特に2020年に放送されたドラマ「愛の不時着」では北朝鮮兵士として人気を博しました。彼は笑顔が素敵で、明るく爽やかな印象の俳優ですね^^

 

ソンフンは、日本軍の将校であり、グァンイルやヨンジュンの上司であるハ・ジョンテを演じています。

彼は冷酷かつ残忍な性格であり、間島を支配するために手段を選ばず、反乱軍や盗賊たちを容赦なく追い詰めます。

 

ソンフンは1976年生まれで、2000年に映画「アタック・ザ・ガスステーション!」でデビューしています。

その後も映画やドラマに出演し、特に2019年に放送されたドラマ「ホテルデルーナ」では悪役として印象的な演技を見せました。

彼は渋い声と鋭い眼光が特徴的で、悪役にぴったりな俳優です。

 

彼らはそれぞれ異なる魅力を持った俳優であり、ドラマの見どころの一つとなっています。ぜひご覧ください!

 

剣の詩は何話まである?

韓国ドラマ「剣の詩」は、全9話で構成されています。

Netflixで2023年9月22日から配信されています。

 

このドラマは、1920年代の日本統治時代の朝鮮を舞台に、無法地帯となった間島でさまざまな事情を抱えた人々が尊厳のために戦う物語です。

キム・ナムギルやソヒョンなどの人気俳優が出演しています。

 

韓国ドラマとしては話数が少ない印象ですが、その分1話にグッと濃い内容でドラマが展開されていますので、見ごたえがありますね。

既にシーズン2の話も上がっている程。

 

剣の詩の感想

Netflixオリジナルの韓国ドラマ「剣の詩」は、その壮大なスケールと深みのあるキャラクター描写で視聴者を引きつけています。

1920年代の日本統治時代の朝鮮を舞台に、無法地帯と化した間島で生き抜く人々の姿を描いたこの作品は、そのリアルな描写と感動的なストーリーテリングで高い評価を受けています。

 

まず、このドラマの最大の魅力は、その壮大な物語です。

間島という特殊な地域で複雑に交錯する人間関係と、そこに生きる人々の生き様を丁寧に描くことで、視聴者はドラマの世界に深く引き込まれますね。

 

また、個々のエピソードが全体のストーリーにしっかりと組み込まれているため、一話完結型のドラマとは違い、視聴者は最後まで一貫した物語を楽しむことができます。

 

次に、キャラクターたちの描写も見どころです。

主要キャラクターたちはそれぞれ独自のバックグラウンドと個性を持っており、それぞれが抱える問題や葛藤を通じて彼らの人間性が深く描かれています。

特に、日本軍の少佐役を演じたイ・ヒョヌクさんの演技は見事で、彼のキャラクターが直面する道徳的なジレンマや内面的な葛藤が視聴者に強く響きます。

 

また、「剣の詩」はその美しい映像美でも称賛されています。

間島の荒涼とした風景や1920年代の朝鮮の街並みなど、作品の背景となる風景が美しく描かれています。

これらの映像は、物語の雰囲気を一層引き立て、視聴者に強烈な印象を与えますね。

 

一部の視聴者からは、物語の進行が遅いという意見や、いくつかのエピソードが主要なストーリーから逸脱しているという批判もあります。

しかし、これらはむしろ「剣の詩」が試みている壮大な物語の一部とも言えます。

以上のように、「剣の詩」はその壮大なストーリー、深みのあるキャラクター描写、美しい映像美で高い評価を受けています。

一部には批判的な意見もありますが、全体として、「剣の詩」は見応えのある作品であり、韓国ドラマが持つ可能性を改めて示してくれる作品と言えるでしょう^^

>>剣の詩(韓国ドラマ)の感想

>>剣の詩の無料視聴方法は?