30だけど17です(韓国ドラマ) の最終回ネタバレ・あらすじと感想!ヤンセジョンがとにかく素敵!




韓国のアジュンマたちの間で「国民的娘」と呼ばれ人気上昇中のシンヘソン。

個性ある脇役でキラッと輝きを見せていた彼女は、2017年にパクシフと共演した「黄金の私の人生」で初ヒロイン役をゲットし、30だけど17ですが2度目の主演作。

大型新人俳優として注目を集めるヤンセジョンが相手役を務め、一見心を閉ざした冷血漢、でも中身は優しくて繊細な青年をとても自然に演じています。

「彼女はキレイだった」等の心温まるストーリーでお馴染みの脚本家チョソンヒが描いたラブコメ、韓国ドラマ「30だけど17です」。

最終回のネタバレ、そしてあらすじと感想を紹介していきますね。

30だけど17です(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ

30だけど17です 最終化 ネタバレ
ソリを一人ぼっちにして冷たい人達だと思っていた叔父さんは亡くなってたんですね。

事業で失敗して破産した後も、ソリの家だけは守ろうとして無理がたたって…

一旦はドイツに留学して再びバイオリンの勉強に徹しようと決めたソリでしたが、本当の幸せは、家族揃って一緒に居る事だと気付き、留学はお流れに。

2年後、チャンはまたまたボートの全国大会で優勝し、金メダルを獲得。

そしてソリとウジンは、結婚して幸せな家庭を築いていました。

ここまで、韓国ドラマ「30だけど17です」、最終回のネタバレでした。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください