私は道で芸能人を拾った(韓国ドラマ) の最終回ネタバレ・あらすじと感想!同居契約でラブロマンス




韓国ドラマ「私は道で芸能人を拾った」は『高潔な君』『じれったいロマンス』でツンデレキャラを定着させたソンフンが、今回はなんと一般人に監禁されて同居するハメになる韓流トップスターの役。

ちょっとおバカ&コミカルな演技で新たな一面を見せてくれます。

お姉さん
そのトップスターを監禁するヒロインを演じるのは、「この恋は初めてだから」でのレストランマネージャー役が印象的だったキムガウンです。

このドラマでは、トップスターを監禁してやがて恋に落ちていくと言う奇妙な役を好演。

韓国ネチズンの注目を浴びた予測不能・奇想天外な韓国ドラマ「私は道で芸能人を拾った」。

最終回のネタバレ、あらすじ、感想を紹介していきますよ~(^^

↓31日間無料お試し期間あり↓

私は道で芸能人を拾った(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ

私は道で芸能人を拾った 最終回 ネタバレ
自分を襲った犯人が死体で見つかったとニセ刑事に呼び出され、ジュニョクは監禁されてしまいます。

助けに向かったヨンソとナック、セラも捕まり全員監禁。あらら…。

しかし、犯人はみんなが疑っていたキム社長ではなく、ジュニョクの恋人の立場を守り続けたかった自己顕示欲の強いセラなのでした。

セラはジュニョクに惚れられた憎いヨンソを痛めつけようとしましたが、元相女子撲チャンピオンの実力発揮でセラを投げ飛ばし一件落着。

ジュニョクとナックに告白されていたヨンソは、ジュニョクを選んだのでした。

ここまで、韓国ドラマ「私は道で芸能人を拾った」、最終回のネタバレでした。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください