帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ・あらすじの感想! ソルランは王女という立場は隠して王妃になる!?




主演するドラマごとに魅力溢れるキャラを演じて来たソヒョンジン。

彼女の初主演作となったこの「帝王の娘スベクヒャン」では、百済25代王・武寧の隠し子という役どころで、熱のこもった演技を見せてくれました。

当時すでに主役級だったソウが異父妹の役で、私欲に溺れた悪女ぶりを熱演。

お姉さん
チェヒョンジェの凛々しい太子の姿も見どころでした。

他にも韓国ドラマファンにとってはお馴染みの顔が総出演と言った感じの大作。

そしてハジウォンの弟で、去年34歳と言う若さで亡くなったチョンテスの最後の作品にもなってしまった韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」。

最終回のネタバレ、あらすじと感想を紹介しますね。

\今すぐ動画を無料視聴する/

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ

帝王の娘スベクヒャン 韓国ドラマ 最終回 ネタバレ
新王となったミョンノンは、ヘ・ネスクからソルランが何故自分の元を離れざるを得なかったか、そしてソルランこそがスベクヒャンてあること聞きます。

そのソルランは、都から遠く離れた地で百済の繁栄を祈りながら、記憶を無くした妹、ピムンの仲間と共に静かに暮らしていました。

スベクヒャン(守百香)の花が舞い散るある日、ソルヒの元へチンムが訪れ、記憶を取り戻したソルヒは自分の名前を伝えます

そして、花が舞う中、新王の多幸を祈るソルランの前に現れたミョンノン。

共に歩むことを決めた二人は、微笑みを交わすのでした。

ここまで、韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」、最終回のネタバレでした。

今この記事が読まれています



1 個のコメント

  • 極限になった人間の心醜さと美しさを表現していて、歴史的背景も有ったりして、とても面白いです。特に若い役者さんが演じられて難易度高いのではと?!感動させて頂いております。ドロドロと回転して最後は洗練されて浄化していく様に個人的に感じられました(魂)トライアングルにハマってしまった気分で御座います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください