ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ・あらすじと感想!チャンギヨンの演技は不自然!?




サイコパスで連続殺人犯である父を持つ青年の役を演じるのはチャンギヨン。

このドラマが初主演作となりました。

初主演でMBC水木ミニシリーズ男優部門・優秀演技賞受賞とは凄い!!

ヒロインはチンギジュ。26歳と、俳優としては遅いデビューでしたが、着実に実力派の道を歩み始めています。

今回は連続殺人犯に目の前で両親を殺された娘の12年後という難しい役に挑戦。

鬼気迫るホジュノ演じる殺人犯や、ソ・ジョンヨンの気持ちのこもった演技も見どころの、ラブロマンスとサスペンススリラーが交錯する韓国ドラマ「ここに来て抱きしめて」。

そこで今回は韓国ドラマ『ここに来て抱きしめて』最終回のネタバレ、あらすじと感想を独自視点で紹介します。

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ

ここに来て抱きしめて 韓国ドラマ 最終回 ネタバレ
ナグォンを殺したという父に向かい、ドジンはハンマーを振りかざしますが、すんでのところで、ナグォンの声が聞こえた気がして、ハンマーを下ろします。

ナグォンはユラの手を逃れ警察に通報。

ドジンとヒジェは殴り合いとなりますが、そこに警察が来て、ヒジェは再び逃走を試みるもののドジンに足を撃たれ逮捕されます。

裁判が始まり、全ての罪を認め父と決別したヒョンム。

ヒジェを信奉していたユラとジフンは、結局は騙され裏切られたことを知りました。

そして最後は独りになってしまったヒジェ。

様々な出来事を乗り越えて12年前の自分に向き合うことが出来たナムとナグォンは、やっと手に入れる事が出来た穏やかな時間を過ごすのでした。

ここまで、韓国ドラマ「ここに来て抱きしめて」、最終回のネタバレでした。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください