ミスターサンシャイン(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ・あらすじと感想!ロケ地は韓国の大邱!




いまだ統一ならない南北間の軍事境界線での問題を扱った2000年公開の映画「JSA」。

その中で、最後は銃で自殺する若き韓国軍兵士を生々しく演じていたイ・ビョンホンさん。

その印象があまりにも強過ぎて、その後の彼の作品に触れる気が起きなかったほど。

そんな彼が、今度は日本の植民統治前夜の朝鮮を舞台にした韓国ドラマ『ミスターサンシャイン』に出演すると言うので、グッと興味が湧きました。

脚本と演出は「太陽の末裔」「トッケビ」と同じ、キム・ウンスク氏、イ・ウンボク氏のコンビ。

見る前から名作の香りがプンプン漂っています。

お姉さん
共演陣も、デビュー以来数多くの新人賞を受賞しているキム・テリさんをヒロインに迎え、最近は何故か白衣を着た役が多いユ・ヨンソクさんですよ♪

「ミセン」でのおちゃらけた役がなかなかハマっていたピョン・ヨハンさんなどが脇をしっかり固め、重いテーマのこのドラマを見どころいっぱいのものにしてくれています。

では、この韓国ドラマ「ミスターサンシャイン」の最終回。

ネタバレありで、あらすじと感想を紹介します♪

最後には、話題のロケ地である大邱のについても!!

Sponsored Links

ミスターサンシャイン(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ

ミスターサンシャイン 韓国ドラマ 最終回 ネタバレ
いや~、しかしなんとなく予想していたとは言え、やはり最後には、なんだかんだ言いながら祖国である朝鮮を守るために、そして朝鮮に生まれた自分が自分らしく生きる事を求めて、真の自由を求めて、ドンメが死に、ヒソンが死に、とうとうユジンも…

三人とも最後には所属するものへの従属から自分を解き放ち、今奪われゆきつつある祖国の為に、奪うもの達に真正面から立ち向かっていきました。

とうとうユジンとの「love」を実らせることのできなかったエシン。

2年が経ち、異国の空の下、義兵を育てている場面で「ミスターサンシャイン」は終わります。

ここまで、韓国ドラマ「ミスターサンシャイン」最終回のネタバレでした。

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください