王女の男(韓国ドラマ)の最終回の無料動画!キムスンユが失明したのはなぜ!?








まるで朝鮮王朝版ロミオとジュリエット?!

韓国ドラマ「王女の男」の最終回のネタバレ・あらすじ・感想です。

お姉さん
王位を争う親同士の元に生まれたスンユとセリョンの切なく激しい恋と、意外な最後が人生の深い教訓を教えてくれるドラマです。

どんな時代にもどんな国にも権力争いはあるもの。

昔は政略結婚であえて敵の家の息子や娘と結婚させる事もよくありました。

しかし親同士が政敵と知らずに知り合った2人…

本場のロミオとジュリエットは悲しい結末を迎えますが、朝鮮王朝版ロミオとジュリエットはどんな結末を迎えるのでしょうか?

ドラマ『王女の男』の無料動画を観る方法!


先に結論をお伝えすると、ドラマ『王女の男』の無料動画を今すぐ観るには、U-NEXTを利用するのが最もオススメな方法となります。


韓国ドラマ『王女の男』を今すぐ無料で観る方はこちら

ドラマ『王女の男』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は

・見放題作品
・ポイントレンタル作品

の2パターンが存在します。

『王女の男』は現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『王女の男』を観ることが出来ます!

U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。

なお、このようなサービスは解約ページがわざと分かりにくく設定されていたりしますが、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

韓国ドラマ『王女の男』の意外な最終回のネタバレ!

韓国ドラマ 王女の男 最終回 ネタバレ
最終回ではかつての友であり今はライバルのシン・ミョンと対決しますが、シン・ミョンが味方の矢に当たって死んでしまいます。

負傷したシン・ミョンを助けようとするスヤン。

スヤン「首陽の兵が、なぜお前を射る?!」

シン・ミョン「なぜお前が…俺を助けようとする!」

最後はスンユの身代わりになり全身に矢を受けて絶命するシン・ミョン。

スンユの盾になる事で、今までの償いをしたのでしょうか。

前にも何かの韓国ドラマで見たのですが、かつて友が命を狙いあうライバルになるというやるせない展開。

何も殺しあわなくても、どちらかが大人の妥協をすれば血を見なくて済むのに…といつも思ってしまうのは私だけでしょうか?

まあ今の日本と韓国の政治も同じですね。

上手に折れれば良いのに、お互いプライドばかり先行して…

僧法寺では突然尋ねてきた首陽大君と王妃がセリョンと再会。

セリョンの妊娠に気が付くセリョンの母である王妃。

お腹の子供の父親がスヤンである事を知った首陽大君は激怒してセリョンを部屋に閉じ込めてしまいます。

そして一人で御仏の前で酒を飲んでいた首陽大君を、復讐の鬼となったスンユが襲います。

しかし首陽大君からセリョンが妊娠している事を告げられ、一瞬の隙を突かれて捕まり痛めつけられるスンユ。

首をはねられそうになったその瞬間、セリョンが飛び出してきて「私から殺してください!」とスンユをかばいます。

気を失ったスンユ。

そこに王妃が駆け付け夫を怒鳴りつけます。

「何と!寺で殺生をなさるおつもりですか!セリョンは身重です!」

妻の言葉を受け入れ、処刑は明日行う事になります。

ここで母親の愛というか知恵が2人を救います。

スンユとセリョンを死んだ事にして、死体として城の外に運び出し逃がしました。

数年後。

全身の皮膚炎に苦しんでいた首陽大君は、お忍びで温泉旅行に行き、そこで偶然、生きているスンユと、手を繋いで歩く小さな女の子とすれ違います。

しかしスンユは気が付いていないよう。

どうも目が見えないようです。

後を付けていくと、そこにはセリョンが。。。

地味でも仲むつまじく幸せに暮らすスンユとセリョンと一人娘。

首陽大君が木の影から3人を見ているのですがバレバレで、でもそこはドラマ、なぜか気が付かないセリョン。

しかし2人を生かそうとした王妃の思いに、それ以上は追及しなかった首陽大君。

ただ何も言わずに引き返します。

場面は変わりスンユとセリョンが馬に乗っています。

セリョン「私のせいでこうなって、後悔していませんか」

スンユ「光は失ったが、心を取り戻した。復讐は諦めたが、そなたを得た」

【王女の男】
今すぐ無料で観る方はこちら

『王女の男』の最終回あらすじ

韓国ドラマ 王女の男 最終回 あらすじ
反乱軍の側まで来たセリョン。

しかし反乱軍は彼女を密偵と間違え殺されそうになります。

間一髪でスンユに助け出されますが、スンユはセリョンを安全な都に返します。

そしてスンユとシン・ミョンは対決。

一方、都に帰ったスンユは自分が妊娠している事に気が付きます…

王女の男の最終回の感想

韓国ドラマ 王女の男 最終回 感想
2人の間に生まれたのが女の子で良かったと思いました。

男の子だと後継ぎとか復讐とかで、また命を狙われかねない。

そして、もしもスンユがもっと早くに復讐を止めていたら、失明する所まで行かなかったのではないかと思ったり…

お姉さん
もしももっと早くに、復讐は結局自分も罪の無い人々を巻き込み殺す事になり、敵と同じダークサイドに染まり同じようなカルマの人間になって行くという事に気が付いていたら、こんなに沢山の人を殺す事もなかったですよね。

復讐のためとは言え沢山の人を殺し、怪我をさせ障害者にしたという因果応報で目が見えなくなっていたでしょう。

それでも命を失わず、好きな人と結ばれ、愛娘まで得られた事は、かなり幸せな方なのではないかと思ったり。

このドラマを見て一番感じた事は、正義や大義名分よりも愛や実利を取った方が、結局人は幸せになれるという事でした。

【王女の男】
今すぐ無料で観る方はこちら

王女の男のキャスト


韓国ドラマ『王女の男』のキャスト
キム・スンユ(パク・シフ)/キム・ジョンソの息子で王女の教育係
イ・セリョン(ムン・チェウォン)/首陽大君(世祖)の長女
キム・ジョンソ(イ・スンジェ)/スンユの父で首陽大君の政敵
首陽大君、世祖(キム・ヨンチョル)/セリョンの父で後の朝鮮第7代国王
ユン氏夫人(キム・ソラ)/首陽大君の妻
キム・スンギュ(ホ・ジョンギュ)/スンユの兄
リュ氏(カ・ドゥッキ)/キム・スンギュの妻でスンユの兄嫁
キム・アガン(キム・ユビン)/キム・スンギュの娘でスンユの姪
イ・スン(クォン・ヒョンサン)/首陽大君の長男でセリョンの弟
イ・セジョン(ソ・ヘジン)/セリョンの妹
文宗(チョン・ドンファン)/朝鮮第5代国王で首陽大君の兄
敬恵姫(ホン・スヒョン)/文宗の長女でセリョンの従姉
チョン・ジョン(イ・ミヌ)/敬恵姫の夫でスンユの友人
シン・ミョン(ソン・ジョンホ)/シン・スクチュの次男でスンユの友人かつライバル
ヨリ(ミンジ)/セリョンの侍女
ウングム(パン・ソヨン)/敬恵姫の侍女

韓国ドラマ『王女の男』を無料視聴するオススメの配信サービスは?

サービス名U-NEXTauビデオパスmusic.jpHuludTVFOD
タイプ定額定額定額定額定額定額
料金月額1990円定額は月額500月額1922円月額933円月額500円月額888円
獲得ポイント60001640001200
複数端末視聴同時に4台まで不可不可不可不可不可
4K動画再生

Amazon fireTV
ChromecastUltra
ソニーブラビア
Android TVのみで可能

不可一部のTVスマホで可能不可
ダウンロード再生不可できない非対応
TV視聴一部モデルで可一部モデルで可一部モデルで可一部モデルで可一部モデルで可不可
無料期間31日間初月30日間2周間31日間1ヶ月
配信状況××

※この情報は、2019年9月1日時点のものなので、最新の情報は「公式サイト」にてご確認ください。無料おためし期間終了後に、月額の支払いが生じます。

動画配信サービスでは、登録後すぐに無料で見られる「見放題動画」と登録後ポイントを利用して見る「レンタル作品」があります。

【FOD】が他のVODより優れている理由
無料期間でも合計1,300P付与され最新の映画も無料視聴可能!
ポイント利用で漫画コミックも無料で大量に読める
無料期間終了後も月額888円(税抜)のみ
無料期間後も毎月1,200Pをプレゼント(月額以上)
他の動画配信サイトと作品が異なる
ファッション雑誌や「FRIDAY]「FLASH」など多数の雑誌も無料

ドラマ『王女の男』を無料で観る

なお、動画の配信状況が変更となっている場合もございますので、以下のボタンから公式サイトで最新情報をご確認ください。

◆関連記事◆韓流好きの女性のために!韓流ドラマの見逃し無料視聴もできるVOD3社徹底比較

今この記事が読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください